1. HOME
  2. ブログ
  3. 【日本初】土木建設用3Dプリンター事業を運営する日本のスタートアップ企業がGLOBAL-AM-SUMMIT-2019「世界の有望3Dプリンタースタートアップ8社」に選出される!

【日本初】土木建設用3Dプリンター事業を運営する日本のスタートアップ企業がGLOBAL-AM-SUMMIT-2019「世界の有望3Dプリンタースタートアップ8社」に選出される!

【GLOBAL AM SUMMIT 2019】イメージ

概要

日本初の土木建設用3Dプリンター事業(URLhttps://youtu.be/ROiuYQ5Onb0)を運営する株式会社Polyuseポリウス 本社:東京都港区 )が、201910月にシンガポールExpoで開催された、【GLOBAL AM SUMMIT 2019】の世界の有望3Dプリンタースタートアップ8社に日本唯一のベンチャー企業として選出され、出展した。

サミット雰囲気 ①
サミット雰囲気 ②

株式会社Polyuseポリウス)とは

株式会社Polyuseは、建設領域での3Dプリンティング技術や先端技術等を活用することで業界の課題解決や効率化に寄与すべく今年(2019年)の6月に創業したベンチャー企業。
現在、企業初期フェーズとして、建設業界の中でも土木建設領域において3Dプリンティング技術等を活用する最初のプロダクトを推進すべく、ハード・ソフトウェア・サービスを開発する専門チームを発足している段階だ。

今回の出展では、自社に関心のあるというアジアの企業や投資機関・政府機関とコンタクトし、ビジョンやミッション・プロダクトの導入メリット等を伝える目的で出展・参加したという。

(写真 左から一番目:代表取締役CPO 伊勢崎勇人一級建築士/左から二番目:取締役CTO 松下将士/左から三番目:代表取締役COO 岩本卓也/左から四番目:代表取締役CBO 大岡航)

■Polyuseのビジョンと背景

当社は元々、自分に合った家を何度でも建て替えることができる未来を夢見て創業したベンチャー企業になります。

「家は一生に一度の買い物」という固定観念に疑問を持ち、「この家は将来売れるのか?」「この土地で大丈夫か?」「何年後まで売れる材質なのか?」という社会進歩に伴う反生産性を解消し、こんな家に住みたいよね!という純粋な欲求に答えられる家に多くの人が住める社会にしたいと考えております。

一方で、当社は土木、外構、インテリア、エクステリア等を初期ターゲットに見据えています。建設業界は人手不足と非効率性の問題が多く残っています。いかに人材を確保するか、あるいは人材を必要とせずに事業を効率的に推進するかといった経営課題を抱えた建設業界の企業は多く存在します。そのような中で、家を何度も建てかえようと叫んだところで、建設業は疲弊するばかりです。そこで、まずは建設業界のAM(Additive Manufacturing)を推進しようと我々は考えました。3Dプリンターや先端テクノロジー技術を用い、施工期間の短縮、人員の最適化などを行うことで建設業の人的リソースの再構築の流れを加速化させ、3K(きつい、汚い、危険)といわれる建設業を変革したいと考えております。

プレスリリース
岩本卓也COOのメディアインタビュー

■建設業界が抱える多くの課題とは


Polyuseは、土木建設用3Dプリンター事業によって、建設業界が抱える下記の課題解決に向けて発案していくという。

一つ目は、人材不足。超少子高齢化社会に向かうにつれ、すでに技術者と職人不足が深刻となっているが、中でも建設業界に就職する若者は年々減少傾向にあり、近い将来深刻な(2020年には15万人程度の)労働力不足に陥ると予想されていること。

・二つ目は、材料費、人件費といったコスト面の高騰。世界的な経済格差の縮小や上述のような建設人材減少等により、世界的にコスト圧縮が厳しい状況になってきており、状況を瓦解する変革が求められていること。


・三つ目は、建設産業構造の不変性。二次受け、三次受けといった重層化する下請け構造の蔓延化と価格競争激化によって、下請けの利益率の低下と産業構造の圧迫が進行している。統廃合等による再構築が進んでいるが、既存の産業モデルからの根本的な脱却はできていないのが現状。


・四つ目は、建設市場の減少。公共投資の縮小や社会資本ストック活用等により、2020年以降は長期的な縮小傾向が続くと予想されている。イノベーションによる生産性向上が模索される中、根幹となる生産量向上への施策が求められている。

■株式会社Polyuseの提供するサービス導入メリット


Polyuseは、上記の課題に対して、主に以下の4つの導入メリットの実現を目指している。

4つの導入メリット

「建設業界をテクノロジーと多くの専門領域のメンバーを社内外で構成することで、業界のイノベーションを起こそうとするベンチャー企業であり、今後は東京とシンガポールを中心にアジアでの建設業界の課題解決と効率化に向けて、発案していきます。」(代表取締役COO 岩本卓也氏)

■GLOBAL AM SUMMIT 2019について


南洋理工大学(Nanyang Technological University)を母体としたNational Additive Manufacturing Innovation Cluster (NAMIC)が主催するサミットで、革新的な積層製造技術(Additive Manufacturing)を持つ企業や先端技術を持つ新興企業、技術者や政府関係者等のコミュニティや学び、ネットワークを形成する機会を作ることで、多くの産業や業界の課題解決や効率化を図ることを目的としたサミット。


サミット概要

イベント名:GLOBAL AM SUMMIT 2019
日時:2019年10月22日(火)~10月24日(木)9:00-18:00
会場:シンガポールExpo
公式サイト(英):https://namic.sg/events/namic-global-am-summit-2019/

関連情報

【株式会社Polyuseについて】
社名 : 株式会社Polyuse / Polyuse Inc.
所在地 : 東京都港区2-2-15 浜松町ダイヤビル2F(プロダクト開発拠点は神奈川県鎌倉市)
設立 : 2019年6月
共同創業者 : 岩本卓也、伊勢崎勇人、大岡航、松下将士
企業サイトURL : https://peraichi.com/landing_pages/view/polyuse
事業内容 : 建設領域での3Dプリンティング技術開発、3Dプリンターハウスの開発・製造・販売、建設重機製造メーカー、建築設計、建築施工、上記以外の建築系サービス等

関連記事