1. HOME
  2. ブログ
  3. 店内3Dプリンターでつくるカスタマイズシューズ ECCO QUANT-U

店内3Dプリンターでつくるカスタマイズシューズ ECCO QUANT-U

株式会社三越伊勢丹ホールディングス は2019年8月28日に伊勢丹新宿本店の2階靴売り場をリニューアルすると発表した。その中で一際目を引いたのが冒頭の店内で3Dプリンターでつくるカスタマイズシューズ、という件だ。

北欧・デンマーク発のシューズブランド〈エコー〉から3D計測器とプリンターを使用した、スニーカーのミッドソールのオーダーを日本初で常設展開します。3D計測器で足を計測し、トレッドミルで歩いている際の足の形の解析をした結果を元に、お客さまの足に合ったミッドソールをその場で3Dプリンターで60分で制作。アッパーのカラーは10色からお選びいただけます。

三越伊勢丹ホールディングス 報道発表より

3Dスキャン+その場でプリント

1時間で足にぴったりフィットするシューズを作ってもらえる。驚きの速さである。エコー社のサイトでは以下の5つのステップでシューズを作るという。

  1. 色を選ぶ
  2. 3Dスキャン
  3. トレッド見るで歩行解析
  4. 3Dプリンタでプリント
  5. 完成

出力されるのは中敷きだけのようだが、スキャンとプリントをセットで展開して1時間程度で受け取れるラピッド感には期待が高まる。 ただ眼鏡と同じで待ち時間は多少あるかもしれない。

気になるお値段は?

スニーカー本体28,080円、ミッドソール27,000円、計測費27,000円(いずれも税込み)とのこと。普及価格が待たれる印象だが、今後に期待したい。

関連リンク

関連記事