1. HOME
  2. ブログ
  3. 機械商社アルテック「METHOD X」取り扱い開始

機械商社アルテック「METHOD X」取り扱い開始

機械商社のアルテックはストラタシスの子会社メーカーボット社の2019年4月発売機種 「METHOD X」の取り扱いを開始した。 「METHOD X」 はデスクトッププリンターでメーカーボット社製品としては初めての工業グレードで汎用性の高いABS樹脂での造形が可能。 造形材料として、PLAやTough PLA、PETG、水溶性サポート材のPVAも引き続き使用することができる上、 ストラタシス社の造形最上「SR-30」( アルカリ水溶性サポート材)にも対応し、工数がかかるサポート除去も、より簡単で便利になる。

試作、治工具、最終製品までの用途を見込み、販売価格は110万円前後を想定。

METHOD(左)とMETHOD X(右)

新製品である「METHOD X」の取り扱い開始に伴い、従来の「METHOD」は90万円台に価格を下げて継続販売するとのこと。

メーカーボット社はストラタシスの子会社

メーカーボット社は2009年にアメリカのニューヨークにて創業した3Dプリンタメーカー。デスクトップ樹脂3Dプリンターを中心に、教育機関から製造業界まで幅広い分野で活用されており、世界累計販売台数は10万台を超える実績を持つ。2013年には世界シェアNO.1のStratasys(ストラタシス)社の子会社となり、親会社が持つ特許技術を活用した製品開発を行っている。

従来モデルからの改善点「工業グレードのABS樹脂対応」

カラーも豊富なABSフィラメント

「METHOD X」 はABS樹脂の造形に対応している。2本の循環式ヒーターにより造形エリア内の温度制御を行うのは従来通りだが、「METHOD X」は、熱収縮率の大きいABS材料を高品質で造形するため、ヒーターの温度も従来の60度から最高100度まで上げられるようになった。2本の循環式ヒーターが造形中のモデルに対し均一に熱を与えることで、モデルの反りを低減させ、また積層同士の接着力を強め、造形品質を向上させるという。

アルテック社「METHOD X」リリース記事

METHODシリーズの2本のヒートチャンバー

■MakerBot「METHOD」シリーズスペック比較表

スペック比較

アルテックについて

アルテックは日本の機械商社で創業は1976年。東証一部に上場しており、売上162億、社員は425名(2018年11月30日現在)とのこと。 3Dプリンターの国内販売は2007年より取り扱いを開始し、自動車、家電、玩具、消費財、医療、教育機関、サイン&ディスプレイと幅広い業界に販売実績を持つ。

関連記事