1. HOME
  2. ブログ
  3. 3Dプリンティングによる乳がん患者の乳房再建に貢献するテクダイヤ株式会社

3Dプリンティングによる乳がん患者の乳房再建に貢献するテクダイヤ株式会社

Dプリンティングによる乳房再建

テクダイヤ株式会社(本社:東京都港区)は、 近年増加傾向の乳がん手術において、特殊加工を施したディスペンサーノズルで、Bellaseno社(独)開発中の3Dプリンティングを用いた乳房再建に貢献すると発表した。

新しい乳房再建方法開発の背景

乳房再建手術とは、乳がんの切除により変形あるいは失われた乳房をできる限り取り戻すための手術のこと。乳房再建を行うことにより乳房の喪失感が軽減し、下着着用時の補正パットが不要になるなどの日常生活の不都合が減少する。

乳房再建手術は、乳房のボリュームをどこから持ってくるか、ということで決まる。

一つは、自分のからだの組織を使って乳房を作る方法で、これを「自家組織再建」という。もう一つは、既製品のシリコンインプラントを用いて再建を行う方法で、体に大きな傷痕を残すことはなく、短時間の手術で再建が可能。

前者は 自分のからだの組織を使うため温かく柔らかい乳房ができるが胸以外にも傷跡が残る点、後者は複数年ごとのインプラント交換が必要であり少し硬い感じがする点などの課題があり、第三の乳房再建方法が求められていた。

Bellaseno社による新しい乳房再建方法とは

Bellaseno社は、独自開発した3Dプリンターにより、ポリマー材による精巧なインプラントを製造。


このインプラントは、患者自身の体脂肪で組織形成を行う。この技術の開発で、患者の大きな肉体的、精神的負担となる長期的な投薬や度重なる手術によるリスクを回避することが可能になった。

Bellaseno社開発の再建技術イメージ

参照: https://www.bellaseno.com/

テクダイヤのディスペンサーノズル「ARQUE」

このインプラント製造を可能にしたのが、3Dプリンターに搭載されたテクダイヤ社製ディスペンサーノズル。

同社は先端150μmディスペンサーノズルの先端端面をラップ研磨、また流動性を高めるためにシリンジとノズルを同口径化することで、Bellaseno社の技術開発成功に寄与。

先端ラップ加工とシリンジ同口径

現在、前臨床段階だが、2020年を目途に、順次病院などに設置予定だという。

昨今 海外の有名女優でも 乳がんによる乳房切除というニュースが時々流れ、世間の人を驚かせているが、有名無名問わず当事者でなくとも聞けば胸が苦しくなる話だ。この技術が多くの乳がん患者の肉体的、精神的負担を軽減する一助となることを願ってやまない。

※テクダイヤ株式会社は、「加工技術で産業界の常識を覆す」をモットーに、お客様の要求以上のアイデアを提供する加工業企業。

関連記事