1. HOME
  2. ブログ
  3. BooleanとNature Architectsが事業提携により、ロボット関連部品製造の変革を目指す

BooleanとNature Architectsが事業提携により、ロボット関連部品製造の変革を目指す

セミナーイメージ

概要

製造の盛んな地域である福岡県北九州市に本社を置く、AM技術で注目の企業、株式会社Booleanと東京の港区に本社を置くNature Architects株式会社が事業提携により、Additive Manufacturing(3Dプリンティング)と、Direct Functional Modeling (DFM)を組み合わせたものづくりプロセスを構築する支援を開始した。

まずは、業界内の普遍的課題であるエンドエフェクターの設計・製造自由度の向上、また人協働用ロボットに求められるパーツ軽量化など、様々な課題解決を目指すという。

DFM + AMで製作したエンドエフェクターの稼働モデル。ワイヤー1本の引き込みのみで稼働する。すでに、DFM + AMを活用した産業用ロボパーツの開発も進行中とのことだ。

Boolean Inc.について

株式会社Booleanは、DfAM* に対する体系的な知見・技術・ネットワークをもとに、製造企業に対して3Dプリンター活用コンサルティングを展開しており、現在の顧客層は、自動車関連、機械加工、ロボットSIerなど、多岐に渡る。
* Design for Additive Manufacturing(付加製造=3Dプリントの為の設計技術)

以前の記事(株式会社Booleanが、「DfAM&3D造形サービス」を提供開始)でも紹介したが、3Dプリンターによる造形サービス及びAMの業務支援を行っているので、3Dプリンターを所有していない会社や自社の3Dプリンターでうまく造れない場合などに相談するといいだろう。

>> 3Dプリント代行サービス

>> 3Dプリンター導入支援サービス

Nature Architects Inc.について

Nature Architects株式会社は、ユーザーが求める機能要件をダイレクトに実現する設計技術「Direct Functional Modeling (DFM)」を開発する東大発ベンチャーだ。

Direct Functional Modelingとは、パーツ毎に様々な機能要件が求められるプロダクトを、部材に分けることなく一体でデザインし出力するための設計技術のこと。独自に蓄積した構造ライブラリ「CRUST」を活用することで、複雑な造形物に対して直観的に機能を割り当て、その結果を一体の造形物として出力することが可能。

Direct Functional Modelingの適用範囲は、ロボティクス、自動車、航空宇宙など動きを明示的に扱う最終製品はもとより、レバー、スイッチ、ファン、バネなどの部材も対象となる。

Nature Architectsは、新しい製造・加工方法を志向する企業と共同で開発することで、Direct Functional Modelingを活用したプロダクトを世に生み出すことを目指しており、優秀な人材が揃う注目の企業だ。

>> Nature Architects Inc.ウェブサイト

>> メンバー

今後の展開

DFM+AMは、製造プロセスに大きな変革をもたらす可能性があり、世界をターゲットに展開しうる技術であると考える二社は、今回の事業提携を皮切りに、ユーザビリティの向上・ナレッジの蓄積を行い、迅速な世界展開を目指すという。
現在、formnextなどの、世界的な3Dプリンターの展示会への出展も検討中だ。

■共同セミナーを開催

両社が共同で展開する事業はまだ新しく、あまり一般的に知られていないため、まずは多くの方に両社が展開するDFM+AMの可能性を伝えることを目的として、2020年1月20日(月)に共同セミナーを開催する。詳しくは以下のページをご覧いただきたい。

>>「セミナー あらゆる素材をアップグレードする技術 Nature Architectsが拡張する3Dプリントの可能性

ロボット開発とAMの相性

現在世界中で急速に技術開発が進んでいるロボット事業だが、これはAdditive Manufacturing(3Dプリンティング)と非常に相性が良い。ロボット開発は宇宙事業と同様、トライ&エラーの研究開発がメインの先進事業のためワンオフ製品は多く、試作のスピードだけでなく、コストの面もシビアに求められるからだ。

特にコストの面を考えれば3Dプリンティングにおける設計技術として今注目の「Direct Functional Modeling (DFM)」は重要な要素だ。

先述の共同セミナーにご興味のある方はぜひ参加することをShareLab編集部としてもお勧めしたい。

関連情報

>> 株式会社Booleanが簡単に読める金属部品切削加工業向け活用事例を配布

>> 3Dプリンターによる製造プロセスの革新支援サービスを本格開始

関連記事