1. HOME
  2. ブログ
  3. 静電気放電対策(ESD)ができる造形材料に対応-日本3Dプリンター株式会社

静電気放電対策(ESD)ができる造形材料に対応-日本3Dプリンター株式会社

「Raise3D(レイズ3D)」の日本総代理店である日本3Dプリンター株式会社は公式サイト「Raise3D」で静電気放電対策( ESD: Electro Static Discharge )に活用できるフィラメントを使って幅100ミリ ×奥行86.5ミリのトレーを造形するレポートを掲載したと発表した。


使用した3Dプリンターは「Raise3D Pro2Plus」で使用フィラメントはクラリアント(Clariant AG)製「ESD safe PET-G」。このフィラメントは 強化ポリエチレンフレタート(PET)素材にカーボンナノチューブを配合し、静電気の拡散性をもたせたフィラメントだという。

造形にあたってのメーカー推奨設定に触れていて、

1.ノズル温度: 240~260℃、
2.造形スピード: 30~60㎜/s
3.ビルドプレート温度: 70~80℃
4.ビルドプレート状態: のりづけ
5.ノズル径: 0.4㎜以上(通常ノズルで可能)
6.積層ピッチ: 0.1㎜以上
7.ファン速度: 50~100% *プラットフォーム温度を60℃から80℃に変更

とのこと。実際の造形は、積層ピッチは0.1ミリで約3時間だったという。

幅100ミリ×奥行86.5ミリのトレー。静電気対策がしてあると、製造ラインでも使えそうだ。

導電確認として、9ボルトの乾電池を豆電球につなぐ実験を実施したところ、点灯しなかったとのこと。

静電気放電(ESD)対策が必要な電子基板などの保管用ケース、専用品(ワンオフ)として機械・機器などの装置にアースと併用して組み込むなどの用途を想定しているとのことだ。

こうした機能性素材に関する報告は、自社でサポートまで手掛ける同社の強みを感じさせるし、ユーザーもわかりやすいので、是非引き続き継続してほしい。

関連情報

関連記事