1. HOME
  2. ブログ
  3. マルチマテリアル対応3Dプリンター「J850 Pro」を発表-ストラタシス

マルチマテリアル対応3Dプリンター「J850 Pro」を発表-ストラタシス

Stratasys Ltd.(以下、ストラタシス)は2021年2月3日、「J8シリーズ」の新製品「Stratasys J850 Pro」(以下、J850 Pro)を発表した。

新商品「J850 Pro」の特徴

作業時間の短縮とコスト削減が可能

新製品のJ850 Pro 3DプリンターはJ8シリーズ(Stratasys J850 Prime/J826 Prime)の機能の中から、フルカラーを必要としないエンジニアリング・ニーズに最適な機能を手頃な価格で提供

J850 Proは7種類の材料の同時噴射、高速プリンティング、極めて高い精度を提供し、デザイナーやエンジニアの作業時間短縮と生産性向上を可能。また、剛性が高く柔軟な複合デジタル材料に対応し、最大490 x 390 x 200mmの製作サイズで広範で機能的なアプリケーションを可能にする。

例えば、コンセプトモデルを造形する場合、「Super High Speed Mode(超高速モード)」と同モード専用の「DraftGrey」材料を使用することで、従来システム比2倍で高速造形でき、パーツ当たりのコストを約半分に抑えられる

J850 Proを用いることで、エンジニアは透明なVeroUltra(TM) Clearを含む最新の材料を使用し、概念検証、デザイン検証、機能的性能向けプロトタイプの製作が容易に行えるようになるだけでなく、コスト削減も可能ということだ。

汎用性が高く幅広いアプリケーションへの適応が可能

J850 Proの主なターゲットは、コンシューマ製品、家電、自動車、医療機器、サービス・ビューロー、教育など。

これらの分野でニーズのある、テクスチャーの高精度シミュレーション、製品ラベリング、衝撃吸収、嵌合/機能試験、オーバーモールディング、リビングヒンジ、射出成形型、組み込みシーリングエレメント、パーティングラインシミュレーション、構造力学/整合性の他、導光アプリケーションやマイクロ流体力学用途向け透明材料などのシースルーエレメントといった幅広いアプリケーションへの適応が可能である。

また、ソフトウェアアップグレードによって、フルカラープリンティング対応のPrimeバージョンへのバージョンアップができる

「J850 Pro」で造形した掃除機集じん部のプロトタイプ。透明な一体型パーツと微細なディテールを実現(引用:ストラタシス)

7種類の材料の同時使用が可能な汎用性により、エンジニアは広範な後処理が必要なマルチ3Dプリンティングや従来の技術を使用する代わりに、ニーズに正確に合ったパーツを製造することができ、時間とコストを節減できる

対応材料には「Vero™」硬質ファミリの全グレースケール、「Agilus30™」柔軟材料ファミリ、「VeroClear」、「VeroUltra Clear」、「Digital ABS」材料がある。

J850 Proはすでに販売開始しており注文が可能だ。詳しくはJ8シリーズのWebサイトをご覧いただきたい。

ストラタシス開発関係者からのコメント

PolyJet 3Dプリンタは生産性、精度、信頼性、マルチマテリアル対応の面でお客様に高い価値を提供しており、J850 Proがエンジニアリング分野のお客様にその価値を魅力的な価格で提供できることを嬉しく思います

ストラタシスのデザイン担当バイス・プレジデントのShamir Shoham氏

プロトタイプ製作が容易になることで、エンジニアリング・チームは開発サイクルのさまざまな段階で大きな価値を享受できます。また、J850 Proのマルチマテリアル対応と高い生産性により、さまざまなデザイン、テクスチャー、材料特性の試験が可能になり、開発時間短縮とユーザーのニーズへの正確な対応が実現します

ストラタシスのJ850 Proプロダクト・マネージャーのOfer Libo氏

ストラタシスについて

ストラタシスは3Dプリンティングとアディティブ・マニュファクチャリング(積層造形)技術で世界をリードする企業。30年にわたり、ストラタシスの製品は製品開発期間、コスト、工具コストの削減/解消、製品の品質向上をサポートしている。

FDM(R) およびPolyJet(TM) 3Dプリンタ、各3Dプリンタ材料の製造販売、ソフトウェア開発販売、エキスパート・サービス、パーツ造形サービスに関するソリューションや専門知識を提供。航空宇宙、車載、ヘルスケア、コンシューマ製品、教育などのさまざまな産業向けのプロトタイプ、治工具、生産部品の製造に利用されている。

ストラタシスについてはShareLab編集部で度々ご紹介している記事があるので併せてご覧いただきたい。

関連情報

関連記事