1. HOME
  2. ブログ
  3. 3Dプリンター活用技術検定試験 公式ガイドブック改定版を刊行- ACSP

3Dプリンター活用技術検定試験 公式ガイドブック改定版を刊行- ACSP

一般社団法人コンピュータ教育振興協会(以下、ACSP)は、3Dプリンター活用技術検定試験 公式ガイドブック改定版を刊行。本書は、3Dプリンター活用技術検定の試験範囲の提示を目的とした解説書で、改定版は、技術の進歩に応じて内容をアップデートするとともに、より学習・理解しやすいように再構成されている。

ACSPは以前、無料で3Dプリンター資格試験対策コンテンツを期間限定公開し、ShareLab編集部でもご紹介しているので併せてご覧いただきたい。

3Dプリンター活用技術検定とは

ACSPが2017年から実施している国内唯一の3Dプリンター資格試験である。ACSP公式サイトによると、3Dプリンターを利用するエンジニアや学生が身につけておくべき知識であり、造形方法や材料、後工程、CADデータの取り扱いなど、3Dプリンターの幅広い知識レベルが一定の水準に達していることを評価、認定する目的で創設された。

3Dプリンター活用技術検定の魅力

医療用フェースシールドのデータの無料公開や、不足する人工呼吸器の製造への活用など、現在急迫した社会課題の解決支援のため、3Dプリンターの利用が活発化している。このような医療現場や、より高度な技術が必要となる産業用として3Dプリンターを活用するためには、造形方法、材料・形状や3Dデータについての専門的で幅広い知識が要求されている。3Dプリンター活用技術検定では、3Dプリンターのこうした幅広い知識レベルを体系的に学ぶことができる。

次回試験日は2020年9月6日で、申し込みは6月24日から開始される。興味がある方はぜひACSPの公式Webサイトをチェックしていただきたい。

書籍概要

ページ数:180ページ
ISBN: 978-4-296-10577-9
価格:3,000円(+消費税)
発行日:2020年6月1日
判型:B5判
発行元:日経BP

関連Webサイト

関連記事