1. HOME
  2. ブログ
  3. FARO Japanと代理店契約を締結-3D Printing Corporation

FARO Japanと代理店契約を締結-3D Printing Corporation

株式会社3D Printing Corporation(以下、3DPC)は、3D測定技術を提供するFARO Japan(以下、FARO)と代理店契約を締結したことを発表した。今回は契約締結の背景とこの契約により新たに製品販売されるFARO社の3D測定器についてご紹介したい。(写真:3DPC プレスリリース記事より引用)

契約締結の背景とその内容

3Dプリンティングは試作品だけでなくエンドユースパーツなどの量産製造技術として活用が進んでいる。3Dプリンティングによる製造に併せて、3Dスキャナーの需要も増えており、3Dスキャナーで部品をリバースエンジニアリングしてデジタル製品ライブラリーに活用することにより在庫コストを押さえたり、確かな品質の3Dプリント製品を提供するために、スキャン検査をしてAM(アダプティブマニュファクチャリング)に利用されている。

3DPCでは、3Dプリント技術を活用した設計・3Dプリンターによる製造・品質管理・後加工の一連の工程を備えた製造インフラを構築しており、FARO社の3D測定機器は品質管理の工程に位置するツールとなる。今回の契約により、FARO社製品の販売に加え、3DPCの製造インフラにFARO社の3D測定機器ソリューションを統合し、FARO社製品により品質管理された精細な3Dプリント製品やリバースエンジニアリングの3Dスキャンサービスを提供することが可能になった。

FARO社の3D測定機器の特徴

FARO社の3D測定機器は、3Dスキャナーとソフトウェアの組み合わせにより、どのようなパーツやコンポーネント、最終アセンブリでも手動および自動検査が可能。素早く部品の分析ができ、検査工程の作業効率を最大化できる。また、ポータブル3D測定アームは、市場で初めて国際的にISO 10360-12認定を受けており、精度が最重要視される場面で最適な検査ツールとして活用ができる。

3D測定アーム「FaroArm」について

FARO社は市場で35年以上に渡り、アーム型3次元測定器を設計、開発、製造しており、8-Axis Quantum FaroArm® V2またはScanArm V2は、非接触式レーザースキャナーを搭載した、世界で唯一の8軸3次元測定アームソリューションとしてクラス最高の性能を実現。一貫性と信頼性を念頭に置いて設計されたFARO社の3次元測定アームは、過酷な環境下や工場現場または移動の必要のある作業などを含む、非常に幅広い作業環境で性能を発揮することが期待できる。

3D測定アーム「FaroArm」(引用:3DPC公式Webサイト)

 FAROについて

3次元測定とイメージング、リアル化技術を提供するFARO®は、コンピュータ支援型ポータブル3次元測定器やイメージング、およびソフトウェアの開発・販売を行う企業。FAROは、製造業、建設・エンジニアリング分野、公共の安全分野などのさまざまな業界にわたって、高精度の3Dデータ取得、3次元測定、分析を可能にする最先端のソリューションを開発、製造している。

 ShareLabで取り上げてきた3DPC・最新ニュース

関連Webサイト

関連記事