1. HOME
  2. ブログ
  3. レストア用パーツ製造の新プロジェクト『JMC BASE』スタート、第一弾はポルシェ964用空冷ファン-JMC

レストア用パーツ製造の新プロジェクト『JMC BASE』スタート、第一弾はポルシェ964用空冷ファン-JMC

3Dプリンター出力事業、鋳造事業、CT事業を展開する株式会社JMCは、クラシックカーやバイクのレストア用パーツの製造販売を行う新プロジェクト『JMC BASEを2020年12月よりスタートしている。
(写真はJMC BASE公式サイトより引用)

ShareLab編集部では今までポルシェがクラシックカーのパーツを3Dプリンターで製造しているなど、自動車業界の3Dプリンター活用をご紹介してきた。今回はJMCでレストア用パーツを3Dプリンターで製造した開発背景や製品特長、またJMCの技術力をYouTubeで公開する新たな取り組みについてご紹介する。

JMC BASEとは

JMC BASEはクラシックカーやバイクなど、すでに在庫がなくなってしまったストックパーツを少量部品の開発に適している3Dプリンターを活用することで長く利用できるようにする新たなプロジェクトである。

JMCは自動車部品や防衛関連部品の製造に携わっており、その製造技術は業界でも高い評価を得ている。今回、JMCがもつ優れた鋳造技術やCTでの検査技術を活用し、 既に生産終了になったクラシックカーやバイクのレストア用パーツを製造販売することで、多くのクラシックカー、バイクのファンにより長く楽しんでもらうため開発するに至った。

JMC BASE Philosophy Sustainable Movement
クラシックカー(JMC BASE公式サイトより引用)

第一弾は、ポルシェ964用空冷ファン

JMC BASEは 、第一弾としてポルシェ『911』タイプ964レストア用空冷ファンをリリースし、全国のメンテナンスガレージ向けに販売する。ポルシェ『911』タイプ964レストア用空冷ファンは、経年劣化により交換が必要となることが多く、整備を行うメンテナンスガレージでも需要の多いパーツだった。そこで、JMCでは空冷ファンはレストア用パーツとして利用することができ、国産ならではの納期の短さや品質の高さを活かして展開。また、既存部品の良さを生かしながら、マグネシウム合金を使用した軽量化や産業用CTによる品質管理などを行い、純正に勝る精度や強度という付加価値の向上を実現している。

空冷ファンの特長【軽い×高品質×防錆性】

アルミニウム合金製だった従来品からマグネシウム合金に材質を変更することで約33%の軽量化を実現し、ファンの回転効率と車体重量の軽量化に成功。また、鋳物製品には鋳巣やピンホールといった内部欠陥が課題であったが、産業用CTスキャナ(X線CT)による品質検査を実施しすることで、従来品より内部空隙率を改善。高い品質を維持することが可能となった。さらに、マグネシウム専用の陽極酸化処理を施しており、高い耐食性を実現している。

JMCの技術力をYouTubeチャンネル「JMC BASE」で公開

JMCは、今回のプロジェクトで順次対象のパーツ・車種を追加予定で、レストア用パーツを製造するポイントや工程YouTubeチャンネル「JMC BASE」で紹介していく。今後も、各事業で培った技術や保有するリソースを活用し、新たなプロジェクトや事業開発を促進していくようだ。

「JMC BASE」での空冷ファン紹介動画

株式会社JMCとは

1999年、光造形方式の3Dプリンターを導入して製造業に参入。2006年に有限会社エス・ケー・イーを吸収合併し、砂型鋳造法による鋳造事業をスタート。3Dプリンターで培ったデジタル技術を背景に、職人の肌感で語られることが多かった鋳造を定量化することで、経験年数に依存せずに質の高い鋳造ができることを証明。業界に新たな進化を起こした。2015年には産業用CTによる非破壊検査・測定を目的としたCT事業を開始。さらに、心臓カテーテルシミュレーター『HEARTROID』の販売でメディカル分野にも領域を拡げた。2016年東京証券取引所マザーズに上場。

JMC関連記事

関連情報

関連記事