1. HOME
  2. ブログ
  3. MSYS、コンシューマ製品・医療・歯科業界で活躍する新造形方式の3Dプリンターの取り扱いを開始

MSYS、コンシューマ製品・医療・歯科業界で活躍する新造形方式の3Dプリンターの取り扱いを開始

丸紅情報システムズ株式会社(以下、MSYS)は、ストラタシス社(以下、ストラタシス)製の光造形DLP(Digital Light Processing)方式3Dプリンター「Origin® One」およびSAF™方式3Dプリンター「Stratasys H350™」の取り扱いを開始した。

高性能材料に対応。高い生産性を維持しつつ、高精細モデルの造形が可能なDLP方式3Dプリンター

Origin One本体(出典:MSYS)

Origin Oneはストラタシスが初めて提供する、吊り下げ式で光硬化性樹脂をUVランプで硬化させて造形するDLP方式3Dプリンターである。

最高280℃の高耐熱性材料や、高い耐衝撃強度を持つ材料、エラストマーなど、幅広い材料高性能材料に対応。また、1時間あたり最大100㎜という高スループットの造形スピードも特長である。高い生産性がありながら、最小積層ピッチ0.050㎜の表面が滑らかな高精細モデルが造形可能だ。

射出成形による1000個程度のパーツ生産の代替として、最終製品・最終パーツの量産に活用できる。そのため主なターゲットは航空宇宙、自動車、消費財、防衛などの産業領域の他、医療、ツーリング(治具)、歯科などを見込んでいるとのこと。

DLP方式での造形イメージ(出典:MSYS)
Origin Oneの造形サンプル(出典:MSYS)

Origin One®仕様

最大造形サイズ192㎜(W) x 108㎜(D) x 370㎜(H)
積層ピッチ最小0.050㎜
モデル材料パウダー/Stratasys High Yield PA11
溶液/Stratasys High Absorption Fluid HAF™
サポート材料モデル材料を使用
筐体サイズ490㎜(W) x 510㎜(D) x 1,130㎜(H) / 81kg
制御ソフトウェアOrigin One cloud based web application

最終部品向けに生産レベルのスループットを提供するSAF™方式3Dプリンター

Stratasys H350™(出典:MSYS)


H350™もまたストラタシスが初めて提供する、HAF(High Absorption Flued)流体をパウダー材料へ均一に噴射し安定した造形を実現するSAF™方式3Dプリンターである。

耐久性のある圧電(ピエゾ)プリントヘッドと、独自の温度管理技術で安定した造形と1万個規模の量産が可能である。その技術力で、ヒンジやクリップ、スナップフィットのような構成部品を伴うパーツ、高品質で耐久性が要求されるパーツ、ブランケットなどの負荷支持パーツや治具など使用を見込んでいる。最終部品の造形を生産レベルのコストとスループットで提供し、部品の品質と一貫性、および高い生産歩留まりを実現できる。

Stratasys H350™仕様

最大造形サイズ315㎜(W) x 208㎜(D) x 293㎜(H)
積層ピッチ最小0.01㎜
モデル材料パウダー/Stratasys High Yield PA11
溶液/Stratasys High Absorption Fluid HAF™
サポート材料モデル材料を使用
制御ソフトウェアGrabCAD Print Server,Materialise Magics,Siemens NX and PTC Creo

MSYSの3Dプリンターの取り組み

MSYSは、1992年以来、29年以上にわたりストラタシスの正規販売代理店として製品を取り扱っている。

2012年より7年連続で、アジア太平洋地域で最もストラタシス社製品・サービスの販売に貢献した企業として、ストラタシスよりアジア太平洋地域の「Top Booking賞」を受賞している。これまでの3Dプリンターの販売・保守サポートで培った豊富な経験をもとに、Origin OneおよびH350の導入を支援していくとのこと。

関連情報

関連記事