1. HOME
  2. ブログ
  3. 神戸医療産業都市に本社移転、 医療機器部品などの試作から実装までを目指すセンター開設-八十島プロシード

神戸医療産業都市に本社移転、 医療機器部品などの試作から実装までを目指すセンター開設-八十島プロシード

手術訓練用の臓器モデルなどを手掛ける樹脂加工メーカーの八十島プロシードが、兵庫県尼崎市から神戸・ポートアイランドの神戸医療産業都市に新たに本社を移転した。新工場には27台の大型3Dプリンターをそろえ、試作した医療機器部品などの実装を目指すセンターを開設。医療関連の企業や研究機関が集積する神戸を拠点に、事業拡大を目指す。
(写真は新社屋と八十島プロシードの河野浩之専務:ひょうご経済+より引用)

八十島プロシード株式会社とは

八十島プロシード社は1937年、大阪で創業。樹脂やプラスチック材の高精度切削加工に強みを持ち、半導体製造装置などの部品を手掛けるメーカー企業。医療分野への進出に向け2007年、神戸ポートアイランドの「神戸国際ビジネスセンター」内に製造開発拠点を開設。複雑な造形を可能とする3Dプリンターを導入し、医療機器メーカーなど向けに人工関節の部品や、手術の訓練に使う胃や大腸の臓器モデルなどを提供してきた。

同社の2020年3月期の売上高は約56億円。医療以外に航空宇宙や自動車分野にも注力し、創業100年に売上高100億円を目標に置く。河野浩之専務取締役(51)は「成長に医療分野は外せない。3Dプリンターを生かし、いろんな医療機器を手掛けたい」と話している。

同社は5月に「医療分野」特設コンテンツを公開。最先端の3Dテクノロジーと切削加工技術を駆使した、さまざまな事例を紹介している。

神戸産業都市とは

1995年1月17日発生した阪神・淡路大震災で大きな被害を受け、阪神淡路大震災の復興プロジェクトとしてスタート。現在では現在では日本最大級の医療クラスターに成長している。

「神戸fab.」「AM検証センター」などを新設し、さまざまな機能を持った本社へ

神戸医療産業都市にあるポートアイランドに新社屋を竣工。敷地面積は約2,900平方メートル。以前から医療系の工場を建てる計画があり、今回本社ごと移転した。2階建ての本社と5階建ての工場を構え、延べ床面積は計約4,170平方メートルにもなる。

新たに新設された「神戸fab.」の工場では27台の大型3Dプリンターを導入し、医療機器の開発・製造受託のほか、デジタルデータを編集した設計を行う。顧客と意見交換しながら試作品を製品に組み込んでいく「AM検証センター」や今までのデジタルデータを編集し新たな価値を創造する「本部テクノロジーセンター」といった「次世代のものづくり」を革新していくことを目的とした新たな施設を構える。また、営業部門として新たに「神戸支店」を開設。NextMED開発室を「メディカル事業部」とし、医療分野をはじめ、重厚長大からハイテクまで、あらゆる産業が集積する神戸を拠点に、全産業のものづくりをサポートが可能だ。

八十島プロシード社:ニュースリリース記事より引用

八十島プロシード株式会社 本社住所

八十島プロシード 公式サイトより引用

〒650-0047 兵庫県神戸市中央区港島南町3丁目2-11
■管理・経理部
TEL 078-200-4851 FAX 078-200-4852
※管理センター(尼崎市)は上記へ移転
■神戸支店 メディカル事業部
TEL 078-306-6255 FAX 078-306-6377
業務開始日:令和2年6月8日(月)

関連Webサイト

関連記事