1. HOME
  2. ブログ
  3. 3D Printing CorporationがMeltioと国内代理店契約を締結

3D Printing CorporationがMeltioと国内代理店契約を締結

3D Printing Corporationは金属3DプリンターメーカーであるMeltioと日本総代理店契約を締結した。 (写真はMeltio3Dプリント金属球形タンクを製造している工程動画より抜粋/ 出典:Meltio)

代理店契約

3D Printing Corporationは横浜に本社を置き、3Dプリンターの販売と3Dプリンターを使った製造業への幅広いサポートを行なっている。

この度、3D Printing Corporationは、スペインの金属3DプリンターメーカーであるMeltioと日本総代理店契約を締結した。今後は国内向けにMeltioの3Dプリンターを販売し、設置や修理などのサポートを3D Printing Corporationが請け負うこととなる。

こちらの動画は、ガス産業向けのMeltio3Dプリント金属球形タンクを製造している工程動画だ。ロボットアームを使用し綺麗な球体を作り上げる工程をぜひ確認していただきたい。

Meltioについて

Meltioはレーザーによる金属3Dプリントを得意とする3Dプリンターメーカーだ。

2019年にラスベガスのテクノロジー企業Additec社と3Dプリンター販売大手のSicnova社との合弁会社として設立され、世界最大級の鉄鋼メーカーであるArcelorMittal社にも戦略的支援を実施している。

3Dプリンターの構成については当初から鉄鋼系モノづくりを志向しており、価格や作業者の安全性、使用環境への配慮がなされている。高性能大型金属造形技術とロボットアームを掛け合わせることにより、モノづくり産業で幅広く3Dプリンターの導入を進めてきた。

2022年初頭には、これまでのオープンマテリアル方式だけでなく、自社開発した独自素材の販売も開始している。独自のワイヤーベース素材はMeltioの3Dプリンターによる運用に最適であり、コスト効率の高い製品の製造が可能だ。

今後について

3D Printing Corporationは、3Dプリンターの販売のみならず、関連ソフトの販売、製造環境の構築・改善など、3Dプリントに関する様々な課題の解決を支援している。

3D Printing Corporationの事業サポート内容については、過去にも当サイトで扱った。

DMM.comに自動後加工機導入し、サポートを開始-3D Printing Corporation

この度、 3D Printing Corporationが国内代理店契約を締結したことで、Meltioの3Dプリンターに関して修理や環境整備などのサポートを受けることが容易になった。国内金属加工業にとって、3Dプリンターはこれまでより身近なものとなるだろう。

関連情報

+ posts

国内外の3DプリンターおよびAM(アディティブマニュファクチャリング)に関する情報発信を行っている日本最大級のバーティカルメディアの編集部。

関連記事