1. HOME
  2. ブログ
  3. シンドラー、MX3Dと提携し3Dプリンターでトポロジー最適化されたエレベーター部品を開発!

シンドラー、MX3Dと提携し3Dプリンターでトポロジー最適化されたエレベーター部品を開発!

スイスに本社を置くエレベーター大手Schindler(以下 シンドラー)は、主に建設関連の3Dプリントプロジェクトを手がけるオランダのスタートアップ企業 MX3D と提携し、アートとエンジニアリングを融合させた、ユニークな外観の3Dプリント製エレベーターカートを発表した。

独創的なデザイン性だけではない、製造コストの削減、軽量化によるエネルギー効率の向上など業務用3Dプリンターの特徴が存分に活かされている事例なので、ぜひ逃さずチャックしていただきたい。

新しいエレベーターデザインの限界にチェレンジ

3Dプリント製エレベーターカート (出典:MX3D)

MX3Dは、オランダ・アムステルダムの中心部にある運河に、世界初のステンレス製3Dプリント橋を開通させるなど建築や海洋プロジェクトで3Dプリンター技術を活用した事例を発表し話題を呼んでいる。特に同社が注目されている理由は、その独創的なデザイン性の高さだ。

例えば、同社が3Dプリンターで製造したたステンレス製の橋は、目を惹く湾曲したS字型のフォルムだけでなく、格子状のパンチングが施された手すりなど細部にまでこだわりを感じられる繊細なデザインが特徴的だ。

このような複雑なデザインを生み出すことができるのは、トポロジー最適化技術を採用しているからである。(写真は3Dプリント橋/出典:MX3D)

今回のプロジェクトでもトポロジー最適化技術を採用し、「アートとエンジニアリングを融合させる」という新しいチャレンジに取り組んでいる。今回開発されたエレベーター用構造物も適切なパラメータを用いたトポロジー最適化設計されたもので、その独創的なデザインは目を惹くものがある。

製造コスト削減×エネルギー効率の向上を実現

また、シンドラーの新技術部門の主席エンジニアであるOliver Simmonds氏によれば「このプロジェクトは、より軽く、より少ない材料でエレベータを製造することが可能かどうかを確認するための試みである」としている。

トポロジー最適化および3Dプリント技術から造られる構造物は、独創的デザインを実現するだけでなく、より少ない材料で最適化を図れるため製造コストの削減にも大きく貢献する。

さらに、プリント後に優れた機械的特性を発揮するアルミニウム合金「AlMg 4.5Mn」から造られ、軽量化も実現。軽量な構造物は運用開始後のエネルギー効率も格段に向上するため、持続可能性の側面からも大きなメリットを得ることができるとしている。

アルミニウム合金に対応するMX3Dのロボット型業務用3Dプリンタ「DED」で製造されている。(写真はDED/出典:MX3D)

同社はこのような3Dプリンターならではの独自技術を活用し、イノベーションサイクルの短縮や、カスタマイズされたソリューションの内製化を可能にする新しい製造方法を構築することを目的として置いている。

トポロジー最適化技術を活用し製造されたエレベーター用構造物(出典:MX3D)


製造工程動画

設計から造形までの一連の工程を見ることができる動画を、MX3Dとシンドラーが共同で公開している。

写真だけでは伝えきれないサイズ感や質感、特徴的なデザイン性などがわかる動画となっている。なによりかっこいい動画なのでぜひご覧いただきたい。

関連情報

MX3D社の最新事例

シェアラボ編集部 | + posts

3Dプリンターの繊細で創造性豊かなところに惹かれます。そんな3Dプリンターの可能性や魅力を少しでも多くの人に伝えられるような執筆を心がけています。

関連記事