1. HOME
  2. ブログ
  3. キーエンスの3Dプリンターが秀逸(展示方法も)

キーエンスの3Dプリンターが秀逸(展示方法も)

言わずと知れた精密機器メーカー・キーエンス。営業力もマーケティング力も突出したパワーを持ち、当然ながら3Dプリンターへのアプローチも力強い。
本記事ではそんなキーエンスの展示会での様子をレポートしたい。

ラピッドプロトタイピングを具現化する姿勢

キーエンスの3Dプリンターに込めるメッセージは非常にシンプルだ。「非常に高精度に出力できますが、現状は試作用途です。最終製品にはつかえないですが大きな価値があります。各部門からの出力依頼にこたえて、午前中の依頼を午後納品してください。試作を何度も繰り返して、最適化することで、いままでのモノづくりのスピード感がひっくり返ります。」(説明員の方)

水で溶けるサポート材

「いままで3Dプリンターを使っていた人は本当にびっくりされるんですが、キーエンスの3Dプリンターは、サポート材が水に溶けるんです。つけておくだけでも溶け出しますが、指ではがしていく事もできます。(説明員の方)」

動画が以下のURLで公開されているので、確認してみてほしい。(埋め込みURLが解放されていなかったのでURLをご案内したい)

https://www.keyence.co.jp/landing/req/3d-printers/agilista-3100_1057_07.jsp

リース金額をサンプル出力するアイディアが秀逸

「でも500万円で稟議あげにくい、という方、このプリンターの中で作っている文字をみてください。リースでいくらでかえるか一生懸命出力しています。」(説明員の方)

約500万、リースなら月々13.6万円~

思わず周り遠目で説明を聞いていた人たちも、思わず覗き込みに行く。参加者の記憶にもキーエンスの3Dプリンターがしっかりと“印刷”されたことだろう。

関連リンク

関連記事