1. HOME
  2. ブログ
  3. 3Dプリンターによる高レベルなものづくりを目指す協業プロジェクト「3D innovation Hub」が発足

3Dプリンターによる高レベルなものづくりを目指す協業プロジェクト「3D innovation Hub」が発足

株式会社JMC(神奈川県横浜市、代表取締役社長兼CEO:渡邊 大知)は、八十島プロシード株式会社(兵庫県神戸市、代表取締役社長:伊藤 由香)、原田車両設計株式会社(愛知県みよし市、代表取締役:原田 久光)と、国内トップクラスの設備を有する設計・製造集団として3Dプリンターのさらなる啓蒙と市場開拓を進めていくための協業体制を確立することで合意したと発表。3Dプリンターによる高レベルなものづくりを目指す協業プロジェクト「3D innovation Hub」を発足した。

イノベーションハブとは


イノベーションハブの概念は、経団連により「イノベーションの主役が集う基盤」と定義されている。具体的には「革新的な製品・サービス等を生み出し、それらを市場展開しうる科学的知見・技術的知見・社会科学的知見等、幅広い分野の知恵や技術を有する、企業を中心とするイノベーションの「主役(leading actors)」が集う基盤のことを指す。」とされている。今回の発表は、この主役に3社が名乗りをあげたということになる。

発表の骨子

1.ものづくり分野の3社協業体制の発足

JMC、八十島プロシード、原田車両設計はともに3Dプリンターを用いた設計・開発・生産を通じて、顧客の要求する製品を提案するリーディングカンパニーを自負してきたが、近年、製品に対する要求の高度化・スピード化・多様化が進むなか、新たな領域において自他のリソースにとらわれず、幅広い選択肢をお客様に提案することを模索してきた。本プロジェクト「3D innovation Hub」を発足し、3Dプリンター出力全般、とりわけAM(アディティブ・マニュファクチャリング)の国内での啓蒙を進めるうえで課題となっている具体的なプロダクトの提案や、早期の製品化のため、新領域のビジネスに関しては従来の枠にとらわれない実務面での協業を進める、としている。

協業3社の保有する3Dプリンターは合計で47台になり、樹脂・金属の様々な造形方式において、設計・造形対応が可能となる。JMCは3Dプリンター黎明期から蓄積した技術、厚い顧客層と産業用CTを用いた解析を得意とし、八十島プロシードは切削事業に3Dプリンターを応用し、航空分野・医療分野へと事業のフィールドを広げている。また、原田車両設計は優れた設計提案力で大手自動車メーカー、重工系メーカーからの信頼を獲得している。協業3社がそれぞれの特長を活かしながら、3Dプリンター業界での横断的組織として機能することで、設計・製造・品質保証における各社の強みを活かした強力な受託製造の体制を構築する。そして受注獲得機会の増大を進めるとともに、新たな材料、新たな設備の共同開発を進め、3Dプリンター業界の活性化を目指す。

2.協業体制の目的 

以下の項目を実務レベルで相互補完するとのこと。

  1. 新領域での3Dプリンター製品の設計・試作・生産
  2. 新領域での産業用CTを用いた開発および品質担保・解析
  3. 製品開発フェーズに沿った3Dプリンター活用方法と造形品の提案
  4. 既存市場にない素材による造形への取り組み
  5. 3Dプリンターに関する保守・点検の請負

3.今後の方針

協業3社では、EOSジャパン社を始めとした装置メーカーとの技術交流や、素材メーカーとのタイアップによる新たな造形素材の検討などを通じ、高レベルなものづくりを行い、自動車分野や航空・宇宙分野での採用をにらんだ提案など、3Dプリンター製品の使用領域拡大を目指す。既存の3Dプリンター製品に対する概念を超えるべく始まった協業3社の活動に期待したい。

なお、JMCでは期初に掲げた「Cross-functional & 提案力」の具体化に向けた活動として、協業による成果を加速させ、中長期にわたる成長を確実なものとする、としている。

(出典:株式会社JMC)

「3D innovation Hub」設立の背景


3Dプリンティング技術は、日本においてはまだまだ発展途上ではあるが、海外では量産への適用も始まっている。国内では遅れているという論調が多い。しかしながら、先進的な企業においては従来の職人技を3Dプリンティングに置き換える試行錯誤をしてきており、個々のノウハウは蓄積できてきている状況にある。

それに対して量産化を視野に入れている海外では自動化を見据えたネットワーク化、バーチャル化に挑戦する動きがある。町工場に支えられてきた日本の製造業にとっては苦手な動きである。神戸、愛知、横浜のベルト地帯をどう繋いでいくのか、金属や樹脂といった素材のバリエーションをどう繋いでいくのか、小型部品から大型部品の品質保証にどう取り組んでいくのか。閉じた共同研究ではなく、実際のお客様とともに確立していかなければならない状況、さらにその顧客に部品などを供給する他のベンダーとの協業も必要になる事実が、設立の背景になっているのではないか。

「3D innovation Hub」への期待


一つは産学官の連携をどう構築できるかである。従来のものづくりでは例えばNC旋盤は、工業高校や工業高等専門学校においても設備され、学科が設置されて国の制度の中で人材の育成が行われてきた。そのような制度化につながる活動が期待される。

もう一つは、職人が保有するノウハウを3Dプリンターではすべてをパラメータという形で反映し、職人がいなくても自動化できることへの期待だ。そのノウハウ/パラメータは工業所有権で保護されないため、異なる企業間では共有しにくい。このパラメータの流通を制度化できると、3Dプリンターの活用は飛躍的に広がる可能性があり、稼働率が上がることによるコストの低廉化が期待できるはずだ。3DのCADデータは著作権等の法的保護があるので、パラメータの保護&流通制度にも繋がることを期待したい。

2021年10月20日(水)15:00より開催予定のトークイベントでは、3社以外の参画をどこまで期待しているのかも確認してみたい。トークイベントへの参加申し込みは、以下の公式サイトより行える。

企業紹介


1999年、 光造形方式の3Dプリンターを導入して製造業に参入。 3Dプリンター出力による部品製造の事業規模が拡大する中、 2006年に有限会社エス・ケー・イーを吸収合併し、 砂型鋳造法による鋳造事業をスタート。 3Dプリンターで培ったデジタル技術を背景に、 職人の肌感で語られることが多かった鋳造を定量化することで、 経験年数に依存せずに質の高い鋳造ができることを証明。 業界に新たな進化を起こした。 2015年には産業用CTによる非破壊検査・測定を目的としたCT事業を開始。 さらに、 心臓カテーテルシミュレーター『HEARTROID』の販売でメディカル分野にも領域を拡げた。 2016年東京証券取引所マザーズに上場。

所在地:神奈川県横浜市港北区新横浜2-5-5 住友不動産新横浜ビル1F
代表者:代表取締役社長兼CEO 渡邊 大知
設立:1992年12月18日
資本金:782,671千円
売上高:2,458百万円(2020年12月期)
従業員数:140名(2020 年12月末)
事業内容:3Dプリンターおよび砂型鋳造による試作品、各種部品・商品の製造、販売
産業用CTの販売および検査・測定サービス
高度管理医療機器等の販売、医療機器等の製造・製造販売


八十島プロシード株式会社 概要
1937年7月大阪にて創業し、高機能樹脂材料の部品・生産治工具等の切削加工事業と中間素材販売事業を主に展開。2011年にはEOS社製のナイロン造形機を導入し、現在は神戸を3Dテクノロジー拠点として30台以上のハイエンドプラスチック造形機と3Dスキャナー、CTスキャナーを駆使し、データ作成から3Dプリンティング・検証まで一貫したサービスを提供。長年培った切削加工技術と最先端の3Dテクノロジーを掛け合わせた技術を活かし、樹脂加工のスペシャリストとしてあらゆる業界の製品開発および生産現場への貢献を目指している。

所在地:神戸市中央区港島南町3丁目2-11
代表者:代表取締役社長 伊藤 由香
設立:1949年9月12日
資本金:30百万円
売上高:6,147百万円(2021年3月期)
従業員数:166名(2021 年4月)
事業内容:スーパーエンプラおよびエンプラの切削機械加工品販売および中間素材販売、
3Dプリント出力、3Dスキャニング、3Dデータ作成、リバースエンジニアリング受託サービス


原田車両設計株式会社 概要
自動車部品開発を受託開発することを目的に1998年に設立。創業よりワイヤハーネス、シートドア機能部品開発等を社内開発するために、CATIA-V5:36ライセンス、Solid Works:10ライセンス、ケーブリング/ワイヤーハーネスデザイナー:3ライセンスを有し、先端モビリティー開発に取り組んでいます。製造部門と連携し設計からモノづくりまで一貫して対応できる体制を構築、2007年にEOS社製 3Dプリンターを導入し、現在はプラスチック造形機3台、金属造形機1台を所有して国内初のAMQを取得、試作開発・小ロット量産に対応。現在は、航空機用シート部品の量産、小型EV開発、自動運転車両、ロボット等多岐にわたる開発を行っている。

所在地:愛知県みよし市三好町中島24 中島ビル
代表者:代表取締役 原田 久光
設立:1998年6月1日
資本金:30百万円
売上高:1,250百万円(2021年5月期)
従業員数:98名(2021 年4月)
事業内容:制御開発(ソフトウェア)、設計・開発(自動車部品、航空宇宙部品、福祉医療機器)
設計請負(開発委託)、3Dプリンター製品・車両・部品製造(試作・量産・品質保証)

+ posts

電機メーカー、デジタル地図ベンダーのソフトウエアエンジニア、サービス企画の経験を経て、コンサルティングファームのメンバーとして自動車会社の開発を支援する。予防医学を学び、幹細胞に興味を持つ。3Dプリンターで自身の車や家を作る時代がくることを夢に見ながら日々執筆に勤しむ。

関連記事