1. HOME
  2. ブログ
  3. AM Polymers社と業務提携、3Dプリンティング用PBTパウダーの製造販売を開始―三菱ケミカル株式会社

AM Polymers社と業務提携、3Dプリンティング用PBTパウダーの製造販売を開始―三菱ケミカル株式会社

三菱ケミカル株式会社(以下、三菱ケミカル)は、3D プリンティング用樹脂パウダーを製造販売する AM Polymers(以下、AMP 社)と PBT(ポリブチレンテレフタレート)パウダーにおける共同開発および販売に関する独占的な業務提携に合意した。
(画像は三菱ケミカル株式会社、公式Webサイトより引用)

業務提携の概要

3Dプリンティング用PBTパウダーの共同開発と製造販売を開始

AMP社は、3D プリンティングの製法の一つである粉末造形法に使用される樹脂パウダーを専門に取り扱っており、3Dプリンターの市場が拡大している欧州を中心に顧客基盤を確立している企業だ。同社は、ポリプロピレンやポリエチレンなどの樹脂を粉末化する過程で 3Dプリンティング用に造形性・物性を強化する技術に優れている。

三菱ケミカルは、今回の提携によりPBTを組成段階から3Dプリンティング用にカスタマイズし、難燃性などの物性を付与できるパウダーを共同開発した。PBTは樹脂パウダーとして主流となっているPA12(ナイロン 12)に比べて吸水性が低いため、造形時の取り扱いが容易だ。近日中に顧客評価のための試作品を欧州にて順次提供していく予定である。

また、三菱ケミカルとして初めて3Dプリンティング用の樹脂パウダーを製造販売していく。粉末造形法における3Dプリンティングは、パウダーから造形するため複雑な形状が可能であり、造形時間も短いため、量産性が必要とされる自動車や航空機部品への採用が期待される。今回の提携を通して、3Dプリンティング用の樹脂パウダーの開発と販売ネットワークを強化し、積極的に事業を展開していくとのことだ。

AMP社概要

社 名:AM Polymers GmbH
事業内容:3D プリンティング用樹脂パウダーの開発、製造、販売
所在地:ドイツ・ヴィリッヒ市
設立 :2014 年

関連情報

関連記事