1. HOME
  2. ブログ
  3. デザインスタジオ「N&R Foldings」と共に3Dプリンター製フレームを用いたバックを製作-DMM.make

デザインスタジオ「N&R Foldings」と共に3Dプリンター製フレームを用いたバックを製作-DMM.make

合同会社DMM.com(以下、DMM)は、DMM.make 3Dプリント事業において、デザインスタジオ「N&R Foldings」と協業し、コレクションブランド「tiit tokyo」の『ステンレスミラーバッグ』を、3Dプリンターを活用して製作。2020年6月18日(木)よりWEBサイトにて予約販売スタート。(写真はDMM.com Group プレスリリース記事より引用)

『ステンレスミラーバッグ』とは

『ステンレスミラーバッグ』には、3Dプリンターで出力されたガラスビーズ強化のナイロンプラスチック製の骨組みに、厚さ0.7mmのステンレスを鏡面に磨き上げたパネルがはめ込まれいる。
バッグの設計は、これまでに「BAO BAO ISSEY MIYAKE(バオ バオ イッセイ ミヤケ)」などのブランドとコラボしてきたN&R Foldingsの川本尚毅氏が手がけ、アライアンスパートナーとしてDMM.makeが3Dプリンターの出力をサポートしているとのこと。

『ステンレスミラーバッグ』の本体フレームを3Dプリンターで出力する前の設計図(DMM.com Group プレスリリース記事より)
ステンレスミラーバッグ ¥83,000(税別)〜(DMM.com Group プレスリリース記事より)

デザインスタジオ「N&R Foldings」について

ロンドン、横浜の両都市をベースに設立されたデザインスタジオ。日本の折り紙のような、2D-3Dを行き来するものづくり手法を取り入れたオリジナルプロダクト”ORISHIKI”で様々なブランドとコラボレーションしている。

合同会社 DMM.com について

「モノづくり」に関係する「人」と「情報」と「ツール」が集まる、makerのためのプラットフォーム。3Dデジタルスキャン、3Dプリンターを用いた造形、ハードウェア開発に必要な最新機材を取りそろえたシェアオフィスDMM.make AKIBAを運営。DMM.make AKIBAのオープンにかかった費用は、総額約10億円。ものづくりのための機材には5億円投じられている。2019年11月に開設5周年を迎えた。

関連Webサイト

関連記事