1. HOME
  2. ブログ
  3. コロナ大流行で深刻化するマスク不足!繰り返し使えるマスクを3Dプリンターで製造-イグアス株式会社

コロナ大流行で深刻化するマスク不足!繰り返し使えるマスクを3Dプリンターで製造-イグアス株式会社

XYZプリンティングをはじめとした3Dプリンターの販売を行う株式会社イグアス(以下、イグアス)は、新型コロナウイルス感染症 (COVID-19)(以下、コロナ) の感染拡大による深刻なマスク不足を受け、繰り返し利用可能な独自の3Dマスクを開発した。3月下旬より社内に試験的に配布しながら、社員のフィードバックを蓄積。改良を重ね、より広範な3Dマスク製作の展開を目指す考えだ。

また自社で製作したマスクの設計データ(三次元形状を表現するデータを保存するファイルフォーマットのひとつであるSTLデータ)を無償で公開し、3Dマスクの普及を働きかけていくという。

***

買いたいけど買えない―供給が追い付かないマスク


マスクの装着は、厚生労働省の新型コロナウイルス対策基本方針の「咳チケット」にも記載されている。しかし都市圏を中心に供給が需要に及ばず、入手困難な状況が続いている。コロナ感染拡大の流れは収束する気配もなく、オリンピックも延期される見込みだ。

そんな状況を受けてイグアスでは、マスクの3Dプリンターで製作出来ないか検討を行ったという。適した素材の使用が可能なこと、短時間で製作が完了することなどから、自社で製品販売を行っている3Dプリンターの可能性に着目し、開発に着手。設計から製造まで全ての工程を一貫して社内で実施することで、独自の3Dマスクを短期間で製作出来たという。

3Dプリンターで作るマスクって?

3Dマスクは3Dプリンターでマスクの形状を造形し、内側に布やガーゼなどを挟みこんで使う形状になっている。

外側の形状はスキャナー、モデリングソフトウェア、3Dプリンターを使用して製作された。3Dスキャナーで人の顔をスキャン、スキャンデータを元に顔の輪郭に合わせて3Dマスクを設計した上で試作を繰り返し、人の輪郭と顔の各パーツの形状に沿ったフィット感を実現したという。

柔軟性と耐久性のあるナイロン粉末材料を使用し、水や洗剤での洗浄も出来るので、清潔かつ繰り返しの使用が可能。また内部の素材は布、ガーゼ、紙類等、使用者がセットできる仕様となっているとのこと。

気になる装着感について、実際にマスクを装着した社員からは、

「一見堅そうに見えるが、装着したらフィット感も良く違和感なく使えた」「マスクが入手できなかったので助かった。繰り返し使える点も良い」「家族の分も欲しい」

などといった声が上がっているという。本当であれば、是非欲しい。。
今後は、子供用などバリエーションを増やしていく方針だということだ。

***

3Dプリンター関連企業によるコロナ対策

今回のイグアスの他、以前もご紹介したFLASHFROGE社の保護ゴーグルなど、コロナ対策グッズを自社の3Dプリンターで作るという動きが広がっている。

勿論、広報的な観点で行っている取り組みでもあるだろう。しかしその出発地点は、自社の技術や能力で課題解決しようという前向きな気持ちであり、実際に形ある製品に落とし込んだケイパビリティは注目に値する。

実際に製造する力を持っているからこそ、出来る取り組みには賞賛を送りたい。またこうした「ピンチをチャンスに変える取り組み」は積極的に学んでいくべきだろう。

関連記事

関連リンク

「イグアスの3Dプリンター関連ページ」はこちらから

関連記事