1. HOME
  2. ブログ
  3. 自動車業界向け3Dプリント材料を保守対象に認定-XYZプリンティングジャパン

自動車業界向け3Dプリント材料を保守対象に認定-XYZプリンティングジャパン

PartPro150 xPなどを販売するXYZプリンティングジャパン株式会社(以下、XYZ社)は、群栄化学工業株式会社(以下、群栄化学工業)が開発・販売している自動車業界向け3Dプリンター材料「CB50」について、保守サポートサービスを2020年12月9日より開始した。(写真は、XYZプリンティングジャパン公式サイトより引用)

トヨタを始め自動車業界でも導入事例のあるCB50を保証対象として利用できるように

XYZ社は、これまで自社で企画・開発・生産された自社純正3Dプリント材料のみを原則メーカー保証対象としてきた。しかし3Dプリンター市場における使用用途は多岐に渡り、自社純正材料のみで市場ニーズに全て対応することは困難となってきた。特に国内自動車業界で要望が高い「検査治具」に利用可能な3Dプリント材料開発は専門的なノウハウが必要とされる。

そこで同社は、自動車業界における材料開発で高いノウハウを持つ群栄化学工業のレーザー焼結式 3Dプリンター材料「CB50」に着目。純正パウダー同様、保証対象として利用できる材料として採用することを決定した。

CB50は、ナイロンとカーボンが配合された高い剛性を誇る特殊素材である。トヨタ社のシエンタの検査治具として活用されるなど、自動車業界での運用実績もある需要が高い材料。

CB50は、トヨタのシエンタにも導入されている(イメージ)

XYZ社はCB50向けの最適なパラメータ値を提供、群栄化学工業とも協力しながらMfgPro230xSでの高精度造形を全力でサポートする。また同素材利用においての不具合発生時も、自社純正材料と同一の保証サービス内容を提供するとのことだ。

群栄化学工業について

1946年創業以来自動車、住宅、及び電子材料関を中心にした化学品と糖類を中心とした食品の2分野で独創的な製品を提供しており、国内では最も早い時期から独自の互換性3Dプリンター材料を開発・販売している。

社名群栄化学工業株式会社
所在地〒370-0032 群馬県高崎市宿大類町700番地
電話番号 027-353-1818
代表取締役 社長執行役員
有田 喜一郎
設立年月日
1946年1月23日
事業内容化学品(合成樹脂・高機能繊維)、食品(澱粉糖類)及び不動産活用業
群栄化学工業、企業概要

関連情報

シェアラボ編集部 | + posts

3Dプリンタ―の”先進っぽさ”を感じさせる作りに男心をくすぐられる毎日。さまざまな業界にて活用されるアディティブ・マニュファクチャリングの今をお届けします!最近のニュースは、鳥を飼い始めたこと。

関連記事