1. HOME
  2. イベント
  3. 積層造形
  4. 【ウェビナー】3Dプリンティングの今後の展望、材料開発と要求特性|株式会社 技術情報協会

【ウェビナー】3Dプリンティングの今後の展望、材料開発と要求特性|株式会社 技術情報協会

2021年1月20日に株式会社 技術情報協会が主催する本セミナーでは、3Dプリンティングの最近のトピックスと今後の展望、CFRP積層造形用3Dプリンタと材料の開発状況が解説される。

第1部、3Dプリンティングの最近のトピックスと今後の展望では、特に3Dプリンター材料を中心に求められる特性とその現状を把握するとともに、開発動向と今後の方向性について議論。第2部、CFRP積層造形用3Dプリンタと材料の開発状況では、造形物の機械的強度としては改善すべき課題がある3Dプリンティングと、その解決方法として強化繊維を用いた3Dプリンティング技術の開発が進んでいる今日の動向について講演される。3Dプリンティング技術動向を概観し、関連する形成手法も含め3Dプリンターの課題なども知る良い機会ではないだろうか。

名称 3Dプリンティングの今後の展望、材料開発と要求特性
公式WebサイトURL https://tech-seminar.jp/seminar/2021-01-20-3Dプリンティングの今後の展望、材料開発と要求特性
プログラム 第1部 3Dプリンティングの最近のトピックスと今後の展望
(2021年1月20日 10:20〜14:00)
・3Dプリンター概説
・各3Dプリンターとその材料
・~各方式とその材料の求められる特性と現状、そしてその課題~
・国内外の装置メーカー、材料メーカーの動向
・3Dプリンティングの最近のトピックスと今後の展開
・まとめと今後の動向
・質疑応答第2部 CFRP積層造形用3Dプリンタと材料の開発状況
(2021年1月20日 14:10〜16:10)
・3DプリンタでCFRPを形成する技術の概要
・材料技術と形成技術の概要
・世界のCFRP用3Dプリンティング技術の開発動向
・関連する製造方法との比較
・質疑応答
主催 株式会社 技術情報協会
会期 2021年1月20日(水) 10時20分 ~ 16時10分
会場
Zoomを使ったライブ配信セミナー
講師
  • 萩原 恒夫 氏:横浜国立大学 成長戦略研究センター連携研究員
  • 山脇 正雄 氏:大和大学 理工学部 理工学科 電気電子工学専攻教授
受講料
1名様

: 50,000円 (税別) / 55,000円 (税込)

複数名

: 45,000円 (税別) / 49,500円 (税込)

シェアラボでは3Dプリンターや3Dを活用したモノづくりに関するイベントやセミナーの情報を紹介していきます。
こんなイベントがある!という情報提供も広く募集してまいります(自薦・他薦を問いません)
以下の情報提供フォームからお気軽にご連絡ください。

情報提供フォーム

今後のイベント

今後開催を予定されているイベントです。 | 積層造形