3Dプリンター

幻滅期の谷を越えて広く浸透

単機能装置としてではなく複合工作機に組み込まれる形も。

3Dプリンターは積層造形(Additive Manufacruting:AM)の主要な実現装置。樹脂や金属といった造形材料を3Dデータをもとに積層造形(等高線のように材料を配置し造形する)ことで複雑な形状を造形することが可能。食品製造用の3Dプリンターでは食材ペーストが用いられ、建築用3Dプリンターではコンクリートが用いられる等、材料は使用用途と装置によって多種多様。複雑な形状やカスタマイズを得意としている。登場当初は3Dプリンターがあればなんでも造形できるという過大な期待があったが、造形管理の難しさや前処理(造形範囲に複数個パーツを置く場合の3Dデータの最適化やサポート材設計)、後処理(バリ取り、仕上げ処理)が必要である点を踏まえた取り組みが必要。マシニングセンター内に一加工プロセスとして積層造形を組み込んだ工作機も産業用途では開発されより現場ニーズに即した改良が続いている。

イベント一覧

開催予定のイベント一覧です。 | 3Dプリンター