1. HOME
  2. 編集部のおすすめ
  3. 東京モーターショー2019に行ってきました

東京モーターショー2019に行ってきました

東京モーターショー2019に行ってきました

シェアラボ編集部で東京モーターショー2019のプレスデーに参加してきました。東京モーターショーは華やかなキャンギャルやデモカー、豪華な展示が楽しめるコンシューマーイベントでもありますが、今年はずいぶん趣向がかわっており、居並ぶカメラマンの人たちが『今年のモーターショーはキャンギャルや展示車両の撮れ高(業界用語で写真や映像の量)は少ない。しかし激動の時代なんだと感じる』とある部分さびしそうに、ある部分感慨深くかたっていました。

ご存知のように自動車業界は100年に一度の大変革の時期を迎えているといわれています。CASEとよばれる「自動車がネットワークにつながり、自動運転が実用化され、所有ではなくサービスとして利用され、動力が電気に置き換わる」大きな変革を迎えようとしている大きな転換点を迎えようとしています。
2019年の東京モーターショーはただ単に新車を紹介する展示会ではなく、自動車メーカーのトップが軒並み登壇し、大きな変革の時代にたいして、自社のこれからを直接プレゼンする一大イベントでもありました。

トヨタブースに新車が展示されない異常事態。トヨタ社長が語るCASE時代のあるべき姿

一番象徴的だったのはトヨタブースです。CASEを体感できる展示や次世代のコンセプト車両は(2台ほど)展示されていたのですが、モデル名がヤリスに変わり話題をあつめたVitzの新車両の展示も、CASE対応コンセプトカーLQの展示もありませんでした。(LQは青海会場のそばにあるMEGAWEBで走行可能な実車の展示があったので別途ご紹介しますが、メインブースにはなかったのです!)人間中心の自働化や愛馬にかわる愛車として所有する喜びの新しい形を具現化したいと豊田社長が熱く語るプレスブリーフィングは大きな反響を呼んでいました。

トヨタLQに関しては続報準備中です!

商用車大手「日野自動車」の描く3Dプリンターを活用したCASE時代のモビリティコンセプト「フラットフォーマー」

トヨタグループの商用車大手「日野自動車」ではCASE時代の商用車のあるべき姿を「フラットフォーマー」というモビリティ・コンセプトで具現化し、そのアプリケーション(用途)をアニメーション化する事で、だれにでもわかる形で提示しています。3Dプリンターで造形されたフレームに電動モジュール、センサーやデータ管理モジュール、外装を搭載したベース車両が工場からディーラーまで自動運転で配送され、ディーラーで様々な架装を搭載して活動する未来像をアニメーションを駆使して紹介しています。あるべき姿から逆算して大胆にしかし着実に作られたCASE時代の商用車の在り方を具現化するフラットフォーマーコンセプトは単純なコンセプトではなく、実現可能な手が届く未来を描き出していました

日野自動車の挑戦!フラットフォーマーを通じて描く未来のありたい姿とそこに至る道筋(その1)

CASE時代のタイヤとは?グッドイヤーが具現化した日本初上陸のコンセプトタイヤ

世界的なタイヤメーカー「グッドイヤー」はCASE時代のコンセプトタイヤとして「Oxygene」を2018年に発表しています。今回の東京モーターショー2019ではこの次世代のタイヤの具現化した「Oxygene」が日本初上陸。3Dプリンターでタイヤを造形し、すり減ってきたら3Dプリンターで肉盛り造形することで何回でも使える。側面に苔を生やし、空気をきれいにする。WiFi機能を搭載したうえで、駆動時に発電し、車両と通信するなど多種多様な機能が盛り込まれた革新的なコンセプトタイヤです。「緑の苔の部分は本物の苔だった」という衝撃の事実も明らかになったグッドイヤーブースは有明会場の南会場に展示されています。

続報準備中です!

木からつくった新素材で自動車を製造!量産までのサプライチェーンを意識した環境省プロジェクト

環境省主導のプロジェクト「」では木質の新素材「マイクロナノセルロース」で自動車をつくるプロジェクト「」の具現化としてNCFを展示しています。京大が中心となって民間企業が参画したこのプロジェクトでは樹脂、鉄、ガラスに配合し軽量ながらも求められる機能要件を満たすためのマイクロナノセルロースを採用した走行可能なデモカーが登場。サプライチェーンを意識した実用化可能なデモカーの登場は新素材が研究段階ではなく、実用化検証段階まできていることを示しています。この新素材をつかったデモカー、実は一部に新素材を造形材料に3Dプリンターで造形された部品を採用しています。こちらは青海会場に実車展示がありますので注目です。

愛知工業大学の走る喜びを感じる新車両

工業系の教育機関である「」の短大相当過程の学生が授業の一環として企画制作した「」ですが、伝送部分のコンパネ部分は3Dプリンター製筐体にラズベリーパイを搭載しています。短大相当過程の2年間でこれだけのものを数人のチームでつくって見せたという学生に日本のものづくりの明るい未来を感じたのでご報告いたします。こちらも走行可能なデモカーが青海会場に登場しています。

シェアラボは3Dプリンターという加工技術の一部部分を中心に取り上げているメディアですが、こうした産業の大きな変革を目の前にすると「広い視野」が必要だと痛感します。3Dプリンターを活用した積層造形技術は決して万能な工法ではないですが、こうしたスピード感のある変革に対応するための強力な武器になりえます。引き続き皆様に新しい風をお届けしていきたいと思います。遅筆でご紹介したい記事がなかなかお届けできずもうしわけございません><

資料ダウンロード 3Dプリンティング国内最新動向レポート

編集部のおすすめ

編集部のおすすめ一覧

Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'render_load_icon_html_after_footer' not found or invalid function name in /home/xs520442/sharelab.jp/public_html/news/wp-includes/class-wp-hook.php on line 303