1. HOME
  2. 業界ニュースTOP
  3. Ankerが3Dプリンター市場に参入。新ブランド「AnkerMake」ページを公開した

Ankerが3Dプリンター市場に参入。新ブランド「AnkerMake」ページを公開した

Ankerが、3Dプリンターに参入すると話題になっています。現時点で詳細は不明だが、すでに新ブランドである「 AnkerMake」サイトがオープン。詳細は2022年春に一般公開される予定。

Ankerとは

そもそもAnkerとは中国の深センに本社を置く企業である。日本には2013年に進出し、今年で9年目だ。

Ankerといえば、スマートフォン関連の充電器やモバイルバッテリの「Anker」を思い浮かべるが、音楽ガジェットの「Soundcore」、ロボット掃除機の「eufy」、プロジェクターの「nebra」と4つのブランドを展開し、機能性とコスパに優れた家電メーカーとして人気を集めている企業である。

Ankerが始める3Dプリンターブランド「AnkerMake 」

今回Ankerが3Dプリンターに参入ということだが、実はどんな3Dプリンターを展開するのか、どのようなサービス展開するのかは現時点では不明。2022年春に一般公開される予定だ。リリースと資金調達は、Kickstarterプラットフォームでのクラウドファンディングキャンペーンを実施する見込みとのこと。

しかし、Ankerの米国サイトではAnkerMakeという新たなブランド名でページが用意されている。最新情報を受け取りたい人向けにメルマガ登録も開始している。

AnkerMakeの公式サイトTOPの様子。メルマガ登録の画面があり、今後更新される情報を素早くキャッチできるようになっている
AnkerMakeの公式サイトTOPにはメルマガ登録の画面があり、今後更新される情報を素早くキャッチできるようになっている(出典:Anker)

Ankerはすでにこのサイトの広告を2021年の12月ごろから配信しており、広告内には3Dプリンター製品らしきものが見てとれ、ユーザーの期待値は高まっている。

Anker公式Instagramアカウントにて配信されている広告。AnkerMakeのロゴが付いた3Dプリンターがプリントをしている様子
Anker公式Instagramアカウントにて広告を配信(出典:Anker)

また、 AnkerMakeの公式サイトには「AnkerMakeは、Ankerのインテリジェントテクノロジーとイノベーティブスピリットを駆使して、3Dプリントをスリルに満ちた高速プロセスに変えます」といったコピーを掲載している。

公式サイトにて掲載されているコピー。"Explore the 3D Printing Frontier: AnkerMakeは、Ankerのインテリジェントテクノロジーとイノベーティブスピリットを駆使して、3Dプリントをスリルに満ちた高速プロセスに変えます"と記載されている
公式サイトにて掲載されているコピー(出典:Anker)

私自身、Anker社製のワイヤレスイヤホンを愛用しており、その性能とコスパの高さに非常に満足度が高い。そんなAnkerが3Dプリンターを展開するという点で「機能性」「価格」のバランスが取れたものが出てくるのではないかと期待せずにはいられない。

続報があり次第、追って情報を掲載するのでお楽しみに。

関連情報

国内外の3DプリンターおよびAM(アディティブマニュファクチャリング)に関するニュースや最新事例などの情報発信を行っている日本最大級のバーティカルメディアの編集部。

資料ダウンロード 3Dプリンティング国内最新動向レポート

サイト内検索

関連記事

メルマガ

最新記事

おすすめ記事