1. HOME
  2. ブログ
  3. フュージョンテクノロジーがAMESOS社製超高速3Dプリンターを国内販売開始へ

フュージョンテクノロジーがAMESOS社製超高速3Dプリンターを国内販売開始へ

AMESOS

最大印刷速度300mm/s、最大加速度5000mというAMESOS社の超高速3DプリンターBlade 1の国内取り扱いが決定した。フィラメント製造大手のPolymakerとの共同開発機であり、国内代理店として販売を請け負うのはフュージョンテクノロジー社が担当する。

AMESOS製3Dプリンター「Blade 1」(出典:フュージョンテクノロジー)

フュージョンテクノロジーがBlade 1の販売を開始

フュージョンテクノロジーは、3Dプリンターの独自ブランド「L-DEVOシリーズ」を製造販売する他、INTAMSYS(中国、上海)やFormlabs(米国、マサチューセッツ州)の国内代理店を担い、世界各国の3Dプリントに関する輸入販売・技術サポートを行っている。

この度、フュージョンテクノロジーは、シンガポールに本社を置くAMESOS社の3Dプリンター「Blade 1」の国内販売を請け負うこととなった。こちらは2023年から販売を開始する。

Blade 1は最大印刷速度300mm/s、最大加速度5000mm/s2を誇る熱溶解(FDM)方式の超高速3Dプリンターだ。高速造形を行うために専用のフィラメントから研究を行い、大手3DプリントフィラメントメーカーPolymakerと共同で開発を行った。

リニアモーターを用いた超高速印刷

通常、FDM方式3Dプリンターの印刷速度は30~50mm/s程度。この上限を決めているのは、フィラメントの吐出性能だ。

ノズルとフィラメントの性能が十分でないと、フィラメントの糸引きやノズル内の気泡・詰まりなどが発生してしまう。Blade 1ではノズルにリニアモーター技術を活用することでこの問題の解決を図った。

ここで言うリニアモーターとは、電磁石を用いた駆動装置を指す。通常のモーターが回転運動を出力するのに対し、リニアモーターは回転運動を伴わない。

リニアモーターの活用例としては、リニアモーターカーが広く知られている。リニアモーターカーは、鉄道車両を駆動させるような強力な出力と、素早いスイッチングによる精密動作が特徴だ。

3Dプリンターのノズルにリニアモーターを活用すれば、正確なフィラメント吐出量制御と素早い切り替えができ、高速印刷時にも安定した動作が可能となる。

専用フィラメント

AMESOSとの研究開発で作られたPolymaker製炭素繊維配合フィラメント(出典:フュージョンテクノロジー)

超高速印刷のもう一つの立役者となったのが、Polymaker社と共同開発した専用のフィラメントだ。

炭素繊維を配合して、硬化後の強度を担保しつつも、高速印刷を志向して溶解時の粘度を抑え、吐出されやすくなっている。これら材料やプロセスに関する様々な工夫によって、超高速印刷が可能となった。

AMESOS Blade 1に関する詳細なスペックは以下を参照頂きたい。

【AMESOS Blade 1】  ※試作品につき変更となる場合があります。
造形サイズ 310mm × 310mm × 420mm
位置精度 X、Y 軸: ±0.001mm、Z 軸: ±0.01mm
成形精度 X、Y 軸: ±0.1mm、Z 軸: ±0.05mm
表面粗さ平均値 Ra 3.2 – 6.3
最大印刷速度 300mm/s
最大加速度 5000mm/s2
移動速度 0 – 500mm/s

また、 フュージョンテクノロジーは2022年10月5日(水)~7日(金)の間、大阪で開催の「次世代3Dプリンタ展」でも出展している。Blade 1を含めたAMESOS社製品、自社開発のL-DEVOシリーズに加え、INTAMSYS、Formlabs、RAYSHAREの3Dプリンターも展示する予定だ。

興味を持った方には、是非展示会場で実物をご覧になって頂きたい。

関連情報

ShareLab NEWS

国内外の3DプリンターおよびAM(アディティブマニュファクチャリング)に関するニュースや最新事例などの情報発信を行っている日本最大級のバーティカルメディアの編集部。

関連記事

最新記事

おすすめ記事