1. HOME
  2. 業界ニュースTOP
  3. Stratasys、米再生医療企業と協業し、再生乳房インプラント用バイオプリンティングソリューションの開発に着手

Stratasys、米再生医療企業と協業し、再生乳房インプラント用バイオプリンティングソリューションの開発に着手

ストラタシスのバイオ3Dプリント乳房インプラント

樹脂3Dプリンター大手のストラタシスはNASDAQ上場の再生医療企業CollPlant Biotechnologies社(以下、CollPlant社)とヒト組織や臓器を3Dプリンティング技術を活用した培養技術分野での協業を発表した。最初のプロジェクトとして、CollPlant社の再生乳房インプラントプログラムの工業規模ソリューション開発に焦点を当てる。

CollPlantの事業概要

ストラタシスは樹脂3Dプリンターに強みを持つ装置メーカーだが、バイオプリンティング分野でも開発を行っている。今回協業するCollPlant社は、再生医療・美容医療のパイオニアとして、植物由来のコラーゲンをベースに組織再生や臓器製造の革新的なテクノロジーや製品を開発している NASDAQ 上場企業だ。CollPlant社の製品は、「組換えヒトI型コラーゲン (rhCollagen) 」と呼ばれる、人体で生成されるものと同じコラーゲンの生成を可能にする植物ベースの技術が基盤となっている。

CollPlant は、2023年1月に3Dバイオプリント再生乳房インプラントの大規模動物試験を成功裏に終了したことを発表している。前臨床試験では、インプラント内の成熟した結合組織と新生血管ネットワークの形成により、3ヶ月後に組織再生の進行段階が示され、有害事象は報告されなかった。これらの良好な結果に基づき、CollPlant は、その後のヒト試験や将来の製品化をサポートするため、2023年後半に商業サイズのインプラントを用いたフォローアップの大規模動物試験を開始する予定だ。

26億ドルの乳房インプラント市場

現在、世界の乳房インプラント市場は26億ドルと推定されている一大市場だ。乳房再建と豊胸術は、世界中で2番目に多く行われている形成外科手術でもある。現在、最も一般的な豊胸手術や再建手術は、合成シリコン製の乳房インプラントを用いたもので、天然の再生組織を人工的に代用するため、拒絶反応や合併症のリスクがある。拒絶反応を抑えたバイオ3Dプリントされた乳房インプラントは人体への負担を抑えた治療法として大きな可能性を秘めている。

こうした豊胸手術、乳房再建の市場ニーズを踏まえて、ストラタシス社とCollPlant社はバイオ3D乳房インプラント培養の商業化のための協業を発表した。ストラタシスのP3™ 3Dプリンタの造形テクノロジーをベースに、 CollPlant社のバイオインクと組み合わせることで、 美容整形分野の豊胸手術や乳房再生治療に用いられる乳房インプラントを商業ベースで造形することを目指す。

開発中のインプラントは、組織の再生を促進し、自然な乳房組織の発達の促進を目的としている(出典: CollPlant社 )
開発中のインプラントは、組織の再生を促進し、自然な乳房組織の発達の促進を目的としている(出典: CollPlant社 )

両社CEOからのコメント

ストラタシスCEOの Yoav Zeif 博士は、「CollPlant社とのパートナーシップを通じて、豊胸手術や再建手術を受ける患者さまの生活を改善するために、バイオプリンティングで医療を変革する重要な機会を得ました。今回の契約は、パートナーとのエコシステムによって高成長産業のアプリケーションに完全なソリューションを提供するという当社の戦略によく合致しており、ストラタシスのP3 Programmable Photopolymerizationテクノロジーの生産規模と精密な3Dプリンタの造形能力は、特にバイオプリントのアプリケーションに強く適合しています。CollPlant とともに提携することで、再生医療におけるバイオプリンティングの産業化を加速できると考えており、CollPlant の新規再生乳房インプラントの商業化の成功とその先に向けた協業を楽しみにしています」と展望を語った。

またCollPlant の CEO である Yehiel Tal 氏は、「ストラタシスはアディティブ・マニュファクチャリングをリードしており、この変革的な取り組みにおいて彼らと協業できることを嬉しく思っています。P3 テクノロジーは、高解像度とプロセス制御による造形を可能にし、両社の先駆的なテクノロジーを組み合わせることで、開発・生産プロセスを効率化し、当社の再生乳房インプラントやその他の潜在的な組織・器官を生産する最も効率的な手段を手に入れることができると考えています。当社のrhコラーゲンベースの再生インプラントは、シリコンインプラントや自家脂肪組織移植を使用する既存の乳房手術の課題を克服する可能性を持っていると信じています」と取り組みに意欲を見せた。

医療領域の関連記事

今回の記事に興味を持った方は、以下の記事もあわせてご覧いただきたい。

国内外の3DプリンターおよびAM(アディティブマニュファクチャリング)に関するニュースや最新事例などの情報発信を行っている日本最大級のバーティカルメディアの編集部。

資料ダウンロード 3Dプリンティング国内最新動向レポート

サイト内検索

関連記事

メルマガ

最新記事

おすすめ記事