1. HOME
  2. 業界ニュースTOP
  3. INAMI Space Laboratory、宇宙で使える点滴装置の試作品を共同開発

INAMI Space Laboratory、宇宙で使える点滴装置の試作品を共同開発

点滴装置の試作品/出典:INAMI-Space-Laboratory社

宇宙産業ベンチャーのINAMI Space Laboratory株式会社(以下、INAMI Space Laboratory社)が、宇宙での利用を想定した点滴装置の試作品を開発した。打ち上げ用ロケットの開発を行う株式会社IHIエアロスペースと、医療機器メーカー・ニプロ株式会社の共同開発である。点滴装置は切削⼯具⼤⼿のOSG株式会社の協力のもと、3Dプリンターによって製作された。(画像は点滴装置の試作品/出典:INAMI Space Laboratory社)

将来的な宇宙旅行の一般化を視野に入れた点滴装置の開発

INAMI Space Laboratory社が開発する点滴装置は、将来的に身近になるとされる民間の宇宙旅行を視野に入れたものだ。現在、宇宙に滞在する宇宙飛行士は健康面に問題がない人物に限られている。しかし、宇宙旅行となれば健康に不安のある個人が宇宙に行くケースも生じる。今回の点滴開発は、その需要を見込んだものだという。

点滴装置の仕組み/出典:INAMI Space Laboratory社
点滴装置の仕組み/出典:INAMI Space Laboratory社

バネやゴムで輸液を引っ張り注入する

開発中の点滴装置は、重力が小さく電気がない宇宙での使用を想定している。3Dプリンターで製作された点滴装置の試作品は、バネやゴムの力で輸液を引っ張り、針から体内に注入する方式だ。

今後も連携先を増やして試作品の改良を続けていく予定で、医療分野の有識者からも意見を求めていくとのこと。開発する点滴装置は、宇宙でなく地上でも災害時や南極のような特殊環境で活用を見込んでいる。

航空宇宙・医療業界の関連記事

金型なしで自由に複雑な造形が可能な3Dプリンターは、航空宇宙業界で積極的に導入されてきている。また、医療分野でも再生医療を中心に導入が進む。航空宇宙業界や医療業界での3Dプリンター活用に興味のある方は、以下の記事もあわせてご覧いただきたい。

国内外の3DプリンターおよびAM(アディティブマニュファクチャリング)に関するニュースや最新事例などの情報発信を行っている日本最大級のバーティカルメディアの編集部。

資料ダウンロード 3Dプリンティング国内最新動向レポート

サイト内検索

関連記事

メルマガ

最新記事

おすすめ記事