1. HOME
  2. ブログ
  3. 三菱重工工作機械は「日本電産マシンツール」に社名変更

三菱重工工作機械は「日本電産マシンツール」に社名変更

三菱重工工作機械株式会社は、8月2日に「日本電産マシンツール」へ社名変更を行った。

日本電産マシンツールの親会社である日本電産は2021年2月、三菱重工業グループだった三菱重工工作機械を三菱重工業から買収すると発表。三菱重工グループが保有する株式の全持ち分と、海外子会社9社の工作機械事業の譲渡に向け手続きを進めていた。

このほど手続きが完了し、2021年8月2日に社名を「日本電産マシンツール」に変更、事業を継続する。

三菱重工工作機械では、歯車機械、大型門形機などのトータルソリューション、3Dプリンターなどの微細加工ソリューション、精密工具の4事業を展開。なかでも主力の歯車機械は世界3強の一角を占め、ホブ盤、ギヤシェーパ、シェービング盤、ギヤスカイビング盤、歯車研削盤などの豊富な加工設備のラインアップと、内歯外歯を問わないギヤ加工技術を強みとしていた。

新たな体制では、日本電産グループの持つ減速機やプレス機の製造、販売、サービス事業での相乗効果を期待する他、日本電産が現在注力しているモーターとインバーター、減速機を三位一体としたEV用トラクションユニット「E-Axle」の開発および製造強化を進めていく方針だとしている。

シェアラボ編集部 | + posts

メカの話になると目の色が変わる編集者歴20年のアラフォーライダー。3Dプリンターで愛車のパーツ製造を虎視眈々と狙う。

関連記事