1. HOME
  2. ブログ
  3. 家庭用3Dプリンター「Finder3」、8月5日より発売開始ーAPPLE TREE

家庭用3Dプリンター「Finder3」、8月5日より発売開始ーAPPLE TREE

Finder3

FLASHFORGEの日本総代理店であるAPPLE TREE株式会社は家庭用3Dプリンター「Finder3」のウェブ販売を8/5に開始した。本製品は樹脂フィラメントを材料とするMEX方式(FDM方式)の樹脂3Dプリンター。前機種より造形サイズが2.7倍拡大し、デュアルZ軸のガイドレールを搭載することにより安定したZ軸操作を実現した。また、タッチ感度の良いタッチスクリーンを採用し、操作をよりスムーズに行うことが可能となったという。(写真は Finder3。出典:APPLETREE)

Finder3はMEX方式の入門機ながら前機種より造形サイズを2.7倍拡大

Finder3の本体サイズは406×416×469mmと、前機種Finder2とほぼ同じ大きさであるのに対し、造形サイズは190×195×200mmと、前機種と比べて約2.7倍拡大した。

造形サイズ2.7倍
造形サイズは2.7倍に拡大(出典:APPLETREE)

また、プラットフォームはガラスとPEIマグネット鋼板の2種類が用意されている。

ガラスプラットフォームは糊(ノリ)などで定着性を高めると、凹凸が少なく滑らかなため底面を綺麗に印刷可能。
その一方で、PEIマグネット鋼板プラットフォームは前機種よりも凹凸面の耐久性が向上し、フィラメントが定着しやすくなった。また、柔軟性があるため、造形物を簡単に取り外せるという利点がある。

デュアルZ軸搭載260℃まで加熱可能なエクストルーダー

Z軸にはデュアルレールを搭載したことで、安定したZ軸操作が可能になった。また、260℃まで加熱可能なダイレクト式エクストルーダーを採用したことにより、 ABS、PLA、PETG、軟性などのフィラメントの印刷ができるようになったとのこと。

デュアルZ軸搭載
デュアルZ軸(出典:APPLETREE)

停電復旧&フィラメント検出機能搭載組み立て不要

万が一印刷中に停電が発生した場合でも、印刷状態を保存し、再起動後に印刷を継続することが可能。また、フィラメント検出機能が搭載されているため、造形中にフィラメント切れが起こった際、自動的に印刷を一時停止。その後、フィラメントを補充することで、造形を再開できる。また、フィラメントなどの3Dプリントに必要な消耗品は全て付属し、組み立て作業も不要のため、開封後すぐに3Dプリントが楽しめるようになっている。

4.3インチタッチスクリーン2年間の無料修理サポートサービス

Finder3は、タッチスクリーンが前機種の画面サイズ3.5インチから4.3インチまで拡大。タッチ感度も大幅に向上したため、印刷の実行や軸の移動、フィラメント交換などの操作をスムーズに行うことが可能になった。

4.3インチタッチスクリーン
4.3インチタッチスクリーン(出典:APPLETREE)

また、本製品は購入後、2年間のメーカー保証期間を設けており、購入後2年の保証期間内に、製品の不具合等で修理が必要になった場合は無償で修理が受けられる。使い方や印刷方法で不明な点があれば、メールもしくはお電話でお問い合わせると、技術スタッフが返答するので、初心者の方でも安心して3Dプリントが楽しめるとのこと。

3Dプリンターに慣れないうちは、いきなり高額な産業用装置を検討する前に、まず廉価機を触ってみることが重要

10万円以下の廉価帯3Dプリンターも造形サイズが年々拡大し、性能向上が続いている。個人のホビーユース以外にも、初めて3Dプリンターを仕事で触る層が試しに使ってみる際には、まず入門機を購入し、できることを探ってみるのは重要な過程だ。いきなり高額な産業用3Dプリンターを検討しても必要なスペックや条件は見えてこない。廉価帯で、いろいろ試してみたのちに、上位機種に目を向けることで、業務で使うために最低限何が必要なのかが見えてくる。高性能な産業用3Dプリンターには高いだけの価値があるのだが、廉価機との差にどの程度のお金を支払うべきかを適正に判断するためにも、まずは一台手に入れていろいろ触ってみることをおすすめしたい。

積層痕がどうしても気になるという方は、光造形方式の3Dプリンターも選択肢に入れてもよいかもしれないが、一台目としては材料の取り扱いが容易なMEX方式の3Dプリンターはおすすめできる選択肢だ。Sharelabでは、今後も3Dプリンターの新機種や新材料情報の動向をお伝えしていく予定だ。

【製品概要】
製品名:Finder3
価格:¥68,200 (税込)
商品ページ:https://flashforge.jp/product/finder3/
販売ページ:https://flashforge.shop-pro.jp/?pid=169363131

この機会にMEX方式を勉強したい人に

関連記事

増田 健司
ShareLab編集部

メーカーの研究開発職として新素材開発に従事後、特許庁で特許出願の審査業務を10年以上経験。弁理士として独立後は、企業の知財戦略をサポートする傍ら、3Dプリンターをはじめとした先端技術に関する情報発信を行っている。趣味は深夜のショッピングチャンネル鑑賞。

関連記事

最新記事

おすすめ記事