1. HOME
  2. 業界ニュースTOP
  3. 3Dプリンターのヘッドスピード高速化を実現するアップグレードキットを販売開始 ― 日本3Dプリンター

3Dプリンターのヘッドスピード高速化を実現するアップグレードキットを販売開始 ― 日本3Dプリンター

Raise3D pro3シリーズのアップグレードキット「Hyper FFF™」

日本3Dプリンター株式会社は、同社が販売する「Raise3D pro3」に換装することで、ヘッドの加速度を従来の10倍、ヘッドスピードを350mm/sに引き上げることができる「Hyper Speed Upgrade Kit」の販売を2023年2月1日より開始した。

「Hyper Speed Upgrade Kit」とは

Hyper Speed Upgrade Kit(出典:日本3Dプリンター)
Hyper Speed Upgrade Kit(出典:日本3Dプリンター)

2023年2月1日より、日本3Dプリンターが「Hyper Speed Upgrade Kit」の販売を開始した。

「Hyper Speed Upgrade Kit」とは、3Dプリンター「Raise 3D Pro3 シリーズ」の既存部品を換装して使用するアップグレードキットである。既存部品を換装することで、ヘッド加速度を最大10倍に引き上げ、ヘッドスピードは従来の約5倍となる350mm/sまで高速化することが可能となる。

この高速化を可能にしたのはRaise3D社の開発した「Hyper FFFテクノロジー」だ。

Hyper FFFは、ヘッドが方向転換したり、急停止した際に生じる微小な振動や衝撃をソフトウェアで補正し、造形への影響を抑える。このアクティブ制震技術は、毎秒60万回以上のステップを処理できるRaise3Dの優れたモーションコントロールチップによって実現された。

高速化アップグレードキットに含まれるのは、高速対応のホットエンドユニット、専用の ABS/PLA フィラメント、高速稼働時の振動を抑えるキャリブレーター、アクティベーションコードだ。Raise3D Pro3シリーズのホットエンドユニットとフィラメントを交換し、専用ファームウェアのアクティベーションを行うことで、利用が可能となる。

2023年2月には新製品発表のイベントも予定されている。興味のある方はぜひ、実際の動作をご確認いただきたい。

<Raise3D Pro3 シリーズ高速化アップグレードキット「Hyper FFF™」新商品発表会概要>
日時:2023 年 2 月 22 日(水)14:00~16:00
会場:〒108-0075 東京都港区港南 1-6-31 品川東急ビル 8F ROOM A(会議室 A)

Raise3Dシリーズとは

Raise3Dシリーズ(出典:日本3Dプリンター)
Raise3Dシリーズ(出典:日本3Dプリンター)

「Raise3D」は、FFF方式(Fused Filament Fablication:材料押出方式)の樹脂3Dプリンタシリーズだ。

日本3Dプリンター株式会社が2017年から総代理店を務め、国内販売台数は3,000台を超える。
IDC社の調べによると 、 「Raise3D」 は2018年・2019年におけるFFF方式プロフェッショナル3Dプリンター関連の日本市場シェアでNo.1を獲得している。

その特徴は価格・精度・造形速度・耐久性・ユーザビリティなどを高いレベルで満足することにある。比較的安価で、試作造形から最終製品の製造まで幅広い用途に利用可能だ。

炭素強化繊維(CF)でより強靭な製品を造形できる「E2CF」や、造形精度にこだわった「Pro3」など、ユーザーのニーズに応えて、これまでにさまざまな機能を追加してきた。

造形方式を問わず、3Dプリンターの「速さ」と精度(耐久性)」はトレードオフの関係にある。
FFF方式の場合、フィラメントを吐出するヘッド部分を高速かつ精密に動作させて狙った構造を作り出すわけだが、ヘッドを速く動かせば駆動部品に負担が掛かり、次第に精度は低下していく。最悪の場合は、摩耗によりパーツが破損することになるだろう。

Raise3Dシリーズでは、ヘッド動作の速さと精度を両立するためにさまざまな工夫を施している。
ヘッドの軽量化だけでなく、重心位置の見直しを行い、ヘッド部品に掛かる負担の軽減を進めてきた。メンテナンスを容易にして品質を担保し、各種センサで故障やゆがみを検出できる。これらの工夫は、シリーズを重ねるごとに洗練されてきたのだ。

当サイトで過去にRaise3Dを取り扱った内容については、以下のリンクを参照していただきたい。

国内外の3DプリンターおよびAM(アディティブマニュファクチャリング)に関するニュースや最新事例などの情報発信を行っている日本最大級のバーティカルメディアの編集部。

資料ダウンロード 3Dプリンティング国内最新動向レポート

サイト内検索

関連記事

メルマガ

最新記事

おすすめ記事