1. HOME
  2. ブログ
  3. 日本の3Dプリンター用樹脂材料が国内初のUL認証取得-株式会社アスペクト

日本の3Dプリンター用樹脂材料が国内初のUL認証取得-株式会社アスペクト

米国の第三者安全科学機関 UL(以下、UL)は2020年5月25日、株式会社アスペクトが開発した3Dプリンター用樹脂材料(グレード名:ASPEX-PA2FR, ポリアミド12)に日本初のUL認証(ブルーカードプログラム)を発行したと発表した。(写真は3Dプリンターによる造形サンプル UL japanより引用)

株式会社アスペクトが日本で初めて認証を受けたプログラムとは

ブルーカードプログラム

ブルーカードプログラムは、従来の成形手法に対する認証制度(イエローカードプログラム)をベースに、新しく3Dプリンター用プラスチックス材料の特性を評価するプログラムである。3Dプリンティングは今や多種多様な分野で使用され、モノづくりの新たなツールとしての地位を確立しつつある。このような状況を受け、ULは、3Dプリンター用の樹脂材料を対象とする新しい認証サービス、「ブルーカードプログラム」の提供を開始した。

株式会社アスペクトについて

粉末床溶融結合装置と粉末樹脂材料の開発・販売及び受託造形サービスなどを提供しているメーカー。今回、同社が開発した粉末床溶融結合法(PBF)3Dプリンター「RaFaEl II 300C-HT」で造形した樹脂材料「ASPEX-PA2FR、ポリアミド12」を試験した結果、ULから難燃グレード V-0 (最小厚:3mm)を取得した。

RaFaEl II 300C-HT(UL japanより引用)

株式会社アスペクトは、以前ShareLab編集部でご紹介しているので是非ご覧いただきたい。

米国の第三者安全科学機関、ULについて

UL LLC(英語: Underwriters Laboratories)は、アメリカ合衆国イリノイ州ノースブルックに本拠を構え、試験、検査および認証を行う企業である。日本法人として株式会社UL japanが2003 年に設立。 現在、 UL のグローバル・ネットワークを活用し、 北米のUL マークのみならず、 日本の電気用品安全法に基づく安全・EMC 認証のPSE およびS マークをはじめ、 欧州、 中国市場向けの製品に必要とされる認証マークの適合性評価サービスを提供している。

関連Webサイト

関連記事