1. HOME
  2. 業界ニュースTOP
  3. INTAMSYS社が、反らない造形が可能な3Dプリンターを発売

INTAMSYS社が、反らない造形が可能な3Dプリンターを発売

INTAMSYS社の産業用3Dプリ ンター「FUNMAT PRO 310」

3Dプリント関連企業の株式会社サンステラ(東京都豊島区)のBtoB向け事業部署内で、INTAMSYS社の日本総代理店を務める株式会社フュージョンテクノロジー(東京都豊島区)が、産業用3Dプリンター「FUNMAT PRO 310」の販売を開始した。価格は送料込みで1,000,000円(税別)。INTAMSYS社は中国の産業用3Dプリンターメーカーで、PEEK素材対応3Dプリンターの世界シェアNo1。(上部画像はINTAMSYS社の産業用3Dプリンター「FUNMAT-PRO-310」出典:株式会社サンステラ)

「FUNMAT PRO 310」の特徴

FUNMAT PRO 310はFFF方式の3Dプリンターで、フィラメント状の樹脂を熱で溶かしながらノズルから押し出し造形していく。

チャンバー(庫内)温度は100℃まで、ビルドプレートは160℃まで対応。ABSやPC、PAなどの樹脂では造形時に反りが生まれ、寸法精度が求められる形状物の作成が難しいという課題がある。FUNMAT PRO 310はINTAMSYS社の特許技術を用いた熱設計により、モデルの収縮による反りを防ぎ、高い層間接着強度を実現したという。

「FUNMAT PRO 310」の独立式デュアルノズル/出典:株式会社サンステラ
「FUNMAT PRO 310」の独立式デュアルノズル(出典:株式会社サンステラ)

ノズル温度は標準付属のノーマルホットエンドで300℃、今後発売予定の高温ホットエンドなら450℃まで対応しハイパワーヒーター搭載でスムーズな加熱が可能だ。高温ホットエンドならスーパーエンジニアプラスチックと呼ばれるPEEK、PEI(ULTEM)、PPSUなどの耐熱性・機械的強度が非常に高い機能樹脂にも対応できる。高出力のノズルヒーターを搭載することで加熱時間を短縮、急速加熱によりフィラメントがノズル内で完全に溶融する設計になっている。

FUNMAT PRO 310は、溶かした樹脂を押し出すノズルが2つ設けられたデュアルノズル設計で、それぞれが独立した動きが可能。サポート材の使用やミラープリントにも対応している。また、印刷品質を向上させるため、ノズル冷却ファンが両サイドに設置されている。ノズルはモジュール化されており、レバー操作で簡単に着脱可能なため、交換やメンテナンスも容易だ。

造形可能サイズはデュアルノズル印刷で260×260×260mm、シングルノズル印刷なら305×260×260mmとなっている。

7インチタッチスクリーン搭載で見やすく使いやすさに配慮。

また、7インチタッチスクリーン搭載で直感的な操作が可能。USBディスクを使用してファイルをインポートして印刷したり、リモート印刷を使用したりできる。

7インチタッチスクリーン搭載で見やすく使いやすさに配慮。
7インチタッチスクリーン搭載で見やすく使いやすさに配慮(出典:株式会社サンステラ)

リモートコントロールにも対応しており、印刷プロセスを、内蔵のカメラを介してリモートで監視することや制御もできる。

新機種関連の記事

今回のニュースに関連するものとして、これまでShareLab NEWSが発表してきた記事の中から3つピックアップして紹介する。ぜひあわせてご覧いただきたい。


国内外の3DプリンターおよびAM(アディティブマニュファクチャリング)に関するニュースや最新事例などの情報発信を行っている日本最大級のバーティカルメディアの編集部。

資料ダウンロード 3Dプリンティング国内最新動向レポート

サイト内検索

関連記事


Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'render_load_icon_html_after_footer' not found or invalid function name in /home/xs520442/sharelab.jp/public_html/news/wp-includes/class-wp-hook.php on line 303