1. HOME
  2. 業界ニュースTOP
  3. マークフォージド、ものづくりセミナーを東京・名古屋で開催

マークフォージド、ものづくりセミナーを東京・名古屋で開催

「マークフォージド ものづくりセミナー」

マークフォージド・ジャパン株式会社(東京都中央区)は2024年1月30日、「マークフォージド ものづくりセミナー」を、2月14日に東京、2月16日に名古屋で開催すると発表した。参加費は無料。

セミナーでは、参加企業が最新のハードウェアとソフトウェア、素材をIT技術で統合し、3Dプリント技術を駆使することで、日本のものづくりをさらに進化させ、サプライチェーンのさまざまな課題を解決するきっかけとすることを目指す。(上部画像はプレスリリースより/出典:マークフォージド・ジャパン社)

マークフォージド社ものづくりセミナーの内容

セミナーにはアメリカMarkforged本社の新製品及びプラットフォーム統括ディレクターのトリップ・バード氏が登壇する。

自社開発した、耐熱性に優れたスーパーエンジニアプラスチックのPEKK素材「VEGA」と、世界の実在庫や物流の現状解説から、必要なモノを、必要な時と場所で製造できる「分散型ものづくり」を実現するソフトウェア「Digital Source」の技術説明と活用事例の紹介が行われる。

また、昨年末に欧米で発表した、新型カーボンファイバー3Dプリンター「FX10」が日本で初めて実機展示される。「FX10」の特徴や性能については、過去にShareLab NEWSで詳しく取り上げているので、以下のリンクからご確認いただきたい。

さらに、今回のセミナーでは、3Dプリントの初級・中級者向けに、第一部にベーシック・セクションが設けられている。3Dプリントの基礎から市場&技術のトレンド、そしてマークフォージド社のカーボンファイバー、及びメタルバインダージェット式及びメタルフィラメント式の金属3Dプリンターなど、既存の製品群の説明なども行われる。

すでに3Dプリントについて熟知している場合は、二部のメイン・セッションからのみの参加も可能だ。

セミナーの日時・場所

第一部: ベーシック・セッション(13:00開場、13:30より)〜初級・中級〜

  • 3Dプリンティングの基礎と世界のトレンド
  • 樹脂・コンポジット(カーボン)3Dプリンターとソフトウェア
  • 金属3Dプリンター:レーザー・電子ビーム・フィラメント・バインダージェット式

発表者:マークフォージド・ジャパン株式会社

代表取締役社長  トーマス・パン(日本語講演)

シニア・アプリケーション・エンジニア 奥野仁孝

第二部:メイン・セッション(新製品)(15:00より)〜ユーザー・上級〜

  • カーボンファイバー3Dプリンタ「FX10」の紹介
  • FX20用のスーパーエンプラ素材「VEGA」の紹介
  • 「分散型ものづくり」を可能にする「Digital Source」の紹介
  • 在庫レス、「分散型ものづくり」のメリット
  • 活用事例の紹介

発表者:(米)Markforged, Inc. 

プロダクト&プラットフォーム統括ディレクター トリップ・バード

※英語の場合は、日本語の逐次通訳が提供される。

参加費:無料

参加登録は https://form.run/@markforged-seminar2024 

東京講演日程:2月14日(水)13:00開場(13:30-16:30まで)

会場: TKPガーデンシティPREMIUM品川 5F ホール5A

〒108-0074 東京都港区高輪4-11-16 京急第11ビル 5階

名古屋講演日程:2月16日(金)13:00開場(13:30-16:30まで)

会場:TKPガーデンシティPREMIUM名駅西口 3Fアルタイル

〒453-0014 愛知県名古屋市中村区則武1丁目6−3 ベルヴュオフィス名古屋

マークフォージドの関連記事

今回のニュースに関連するものとして、これまでShareLab NEWSが発表してきた記事の中から2つピックアップして紹介する。ぜひあわせてご覧いただきたい。


国内外の3DプリンターおよびAM(アディティブマニュファクチャリング)に関するニュースや最新事例などの情報発信を行っている日本最大級のバーティカルメディアの編集部。

資料ダウンロード 3Dプリンティング国内最新動向レポート

サイト内検索

関連記事

樹脂3Dプリントウェビナート

最新記事

おすすめ記事