1. HOME
  2. 業界ニュースTOP
  3. 日本初!3Dプリンターで印刷したサウナ施設のオープンを発表 ― Polyuse

日本初!3Dプリンターで印刷したサウナ施設のオープンを発表 ― Polyuse

建設用3Dプリンターで印刷したサウナメランジュの外観イメージ

株式会社Polyuseは、高知県の和(かのう)建設株式会社と、「建設用3Dプリンター」で作られた一般利用が可能な常設のサウナ施設を2023年11月にオープンすると発表した。同社によると日本で初めての3Dプリンター製サウナ施設になるという。(上部画像は建設用3Dプリンターで印刷したサウナメランジュの外観イメージ。出典:株式会社Polyuse)

プロジェクトの背景

国内の建設業界は深刻な人材不足や費用面での大きな負担を抱えている。建築業においては、住宅や店舗・学校・オフィス・病院などの建物は毎日の生活には欠かせないが、年々老朽化も進み、多くの公共施設でも改修工事が必要とされている。Polyuseは、多くの人々が垣根を越えて、より快適に利用できる建物環境を技術の側面からサポートする。「建設現場をアップデートする」というミッションの下、国内外でPolyuse製の建設用3Dプリンティング技術を活用したプロジェクトを推進してきた。

和建設は「2030 KANO VISION(中期経営計画)」でキーワードとして「わっと驚く世界へ」の第一歩を象徴する挑戦の一つの柱として本プロジェクトを開始した。分譲マンションなど住居用建物の建設を主に行ってきた和建設としては初の宿泊事業となる。

3Dプリンター製のサウナ施設内装イメージ
約360度、建設用3Dプリンターで印刷された構造物に囲われており、洞窟のなかのような非日常空間を味わえる内装(出典:株式会社Polyuse)

プロジェクトの一部紹介

2022年1月、開始。入念な各関係各所との打ち合わせや建物の仕様検討。施工方法の最適化検証を重ね、高知県に建設用3Dプリンターを設置した後、印刷製造を2022年8月から9月にかけて実施した。その後も施工だけでなく、運営協議を重ね2023年11月の正式オープンに向けて準備をしているという。

建設用3Dプリンターの印刷映像(出典:株式会社Polyuse)

名称にある「メランジュ」は、高知県芸西村で見られる起源や時代の異なる岩石が入り交った混在堆積物であり天然記念物だ。「メランジュ」の特徴的な模様や特殊な構造が入り混じる地層から連想し、最新技術の3Dプリンターと伝統的な建築技術が融合したサウナ棟を「メランジュ」と名付けられた。

サウナメランジュは国内初となる3Dプリンターによって製造されたフィンランド式サウナ施設となる。洞窟をイメージした内部空間では天井部の小さな穴から差し込む自然光と間接照明により、ほんのり浮かび上がる3Dプリンター独特の波のような積層模様を見ることができる。サウナの隣には水風呂棟を併設し、外気浴はサウナメランジュの屋上部分に設けたウッドデッキで波の音をBGMに海を眺めながらの贅沢なひと時を過ごすことができるようだ。設計・運営監修は全国的にもファンの多いSAUNAグリンピアの吉永幸平氏が担っている。

サウナメランジュの概要

現時点(2023年8月時点)で公開されているサウナメランジュの概要は以下のとおりである。

  • 所 在 地:高知県高知市安芸郡芸西村西分乙59-2
  • 着   工:2022年4月 完成予定:2023年9月(2023年11月まではプレオープン期間)
  • 設 計 施 工:和建設
  • 運   営:合同会社芸西プロジェクト(和建設と有限会社石川共栄不動産が合同出資して設立した宿泊事業運営会社)
  • 公式サイト:準備中

建設業界の関連記事

今回の記事に関連するものとして、ShareLab NEWSの記事の中から3つをピックアップする。ぜひあわせてご覧いただきたい。

国内外の3DプリンターおよびAM(アディティブマニュファクチャリング)に関するニュースや最新事例などの情報発信を行っている日本最大級のバーティカルメディアの編集部。

資料ダウンロード 3Dプリンティング国内最新動向レポート

サイト内検索

関連記事


Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'render_load_icon_html_after_footer' not found or invalid function name in /home/xs520442/sharelab.jp/public_html/news/wp-includes/class-wp-hook.php on line 303