1. HOME
  2. 業界ニュースTOP
  3. 3Dプリンター製の「空気を入れないバスケットボール」を発表 ― EOS

3Dプリンター製の「空気を入れないバスケットボール」を発表 ― EOS

世界初のポリマー3DプリントによるWilson-Airless-Prototype/出典:Wilson-Sporting-Goods社

アメリカのシカゴに本社を構えるWilson Sporting Goods、EOSなど複数社が共同開発した、世界初となる空気を入れない3Dプリントバスケットボール「3Dエアレスプロトタイプバスケットボール」を発表した。(画像は世界初の3Dプリントされたバスケットボール/出典:Wilson Sporting Goods社)

4社共同で開発された3Dプリントバスケットボール

業界初となる3Dプリント製エアレスバスケットボールは、大手スポーツ用品メーカーWilson Sporting Goods社と、シカゴに拠点を置く3Dデザイン会社のGeneral Lattice社、3DプリンターメーカーのEOS社、後加工会社のDyeMansion社と共同で製作された。

SLS-3Dプリンターで造形されたWilson-Airless-Prototype/出典:Wilson-Sporting-Goods社
SLS方式3Dプリンターで造形されたバスケットボール/出典:Wilson Sporting Goods社

Wilson Sporting Goods社によれば、ボールの重量・サイズ・リバウンド(弾み)は、規定のバスケットボールの性能仕様にほぼ合致しているとのこと。従来のNBA公式球に取って替わるものではなく、あくまで空気を入れる必要のないバスケットボールの製造の可能性と、より広いスポーツ用品分野での3Dプリント技術の有用性を示すものであるようだ。

実際にNBAの公式バスケットボールとして、AT&T スラムダンク コンテストの第1ラウンドで、ヒューストン ロケッツのプレーヤー、Kenyon Martin Jrがこの 3Dプリンター製のエアレスバスケットボールをダンクした。

英語ではあるが、同エアレスバスケットボールの製造秘話はWilson Sporting GoodsのYouTubeで見ることができる。

造形に使用された3DプリンターはEOS社の「P 396」

EOS社の3Dプリンター「P396」/出典:EOS社
EOS社の3Dプリンター「P396」/出典:EOS社

「3Dエアレスプロトタイプバスケットボール」の造形に用いられたのは、EOS社のSLS方式樹脂3Dプリンター「P 396」だ。

SLS方式は「粉末床溶融方式(PBF方式)」と呼ばれる造形方式の一種で、射出したものを高温の赤外線レーザーで焼き固める造形手法を指す。特徴のある格子状のボールを製造できたのは、金型を必要としない3Dプリンターならではの造形の自由度にあるといえるだろう。

https://news.sharelab.jp/study-knowledge-am-pbf/

EOSの関連記事紹介

今回の事例と関連して、これまでShareLab NEWSが取り上げてきたEOS社の関連ニュースをご紹介する。

国内外の3DプリンターおよびAM(アディティブマニュファクチャリング)に関するニュースや最新事例などの情報発信を行っている日本最大級のバーティカルメディアの編集部。

資料ダウンロード 3Dプリンティング国内最新動向レポート

サイト内検索

関連記事

最新記事

おすすめ記事


Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'render_load_icon_html_after_footer' not found or invalid function name in /home/xs520442/sharelab.jp/public_html/news/wp-includes/class-wp-hook.php on line 303