1. HOME
  2. 業界ニュースTOP
  3. 3DSystems、新型3Dプリンターが自動化によるワークフローの改善へ

3DSystems、新型3Dプリンターが自動化によるワークフローの改善へ

アメリカに本社を置く3Dプリンターメーカーの3D Systems社が、Additive Manufacturing Users Group Incが毎年開催する3Dプリント関連の展示会や講演会が開催されるイベント「AMUGカンファレンス」において、新型の業務用3Dプリンター「SLA 750」を今年の第2四半期に、本機のデュアルレーザーバージョンとなる「SLA 750 Dual」を第4四半期中に市販する予定であることを発表した。

今回は新型3Dプリンターの特徴や併せて発表された新素材、後処理機の発売し同社の3Dプリンターによるワークフローの改善についてご紹介する。

新型3DプリンターSLA750。出典:3D Systems社
新型3DプリンターSLA750(出典:3D Systems社)

「SLA 750」と「SLA 750 Dual」の特徴

SLA 750は、3D Systems社の旧世代のSLAプリンターと比較して、プリント速度が最大で30%向上する。また、SLA 750からデュアルレーザーバージョンのSLA 750 Dualへのアップグレードも可能だ。SLA 750とSLA 750 Dualともに造形エリアが従来機より15%広くなっている

SLA 750 Dualは世界初の同期式デュアルレーザーSLAプリンターで、プリント速度に大きな特徴があり、同社の従来機と比較して2倍、処理能力が3倍向上しているとのこと。

SLA750で作られた大型の3Dプリント部品 出典:3D-Systems社
SLA750で作られた大型の3Dプリント部品 出典:3D Systems社

両機の秀でたレーザースキャニング技術

SLA 750とSLA 750 Dualは、既製のスキャン技術を使用している従来のSLA 3Dプリンターとは異なり、3Dプリントならではのニーズに応じて開発された独自のスキャンアルゴリズム「Hyper-Scanベクトル技術」が採用されている。特に効率的で高品質な製造が求められるシーン向けの3Dプリンターになっている。

SLA750の内部 出典:3D Systems社
SLA750の内部 出典:3D Systems社

24時間365日無停電運転が可能

SLA 750とSLA 750 Dualは、ダウンストリーム・オートメーションに対応し、ロボットにも対応しているため、作業の負荷軽減、洗浄、に至るまで完全に自動で稼働が可能だ。

新たな新素材、後処理装置も同時発表

3D Systems社はSLA 750とSLA 750 Dualの2つの新型3Dプリンターに加え、3Dプリンター用素材「Accura AMX Durable Natural SLAレジン」と、大型部品の乾燥・硬化を大量かつ高速に行う後処理装置「PostCure 1050」の2つの新製品を発表している。

3Dプリントしたものの後処理を行う装置PostCure1050 出典:3D Systems社
3Dプリントしたものの後処理を行う装置PostCure1050 出典:3D Systems社

「Accura AMX Durable Natural SLAレジン」は耐衝撃性、引裂強度、破断伸びを独自に組み合わせた強靭な樹脂。繰り返しの屈曲、曲げ、荷重に耐えるように設計されているとのこと。

「PostCure 1050」は従来の類似システムと比較して最大10倍の処理能力を実現している。最適化された光の波長、個別に設定可能なUV強度、冷却型LEDに加え、個別に調整可能なヒーターにより、プリント部品に熱による不要な反りを発生させることなく、最適な部品硬化が可能だ。

3D Systems社のエグゼクティブバイスプレジデント兼AM担当CTO(Chief Technology Officer)であるDavid Leigh博士は、「私たちのイノベーションに急速な進化の道が開かれる時代に入ったと信じています。当社の多目的SLAプラットフォームは、内蔵された機能および処理能力の強化により、生産アプリケーションの拡張を支援できるシステムとなるでしょう」と述べた。

3Dプリンター業界全体においてハードウェアの変革ではなく、ソフトウェアの変革が進められる傾向が見られるようになった。素材から後処理装置に至るまで新たな製品を開発した3D Systems社の動きからも分かるように、今後は3Dプリントの自動化によるワークフローの改善が主流となっていくのかもしれない。

国内外の3DプリンターおよびAM(アディティブマニュファクチャリング)に関するニュースや最新事例などの情報発信を行っている日本最大級のバーティカルメディアの編集部。

資料ダウンロード 3Dプリンティング国内最新動向レポート

サイト内検索

関連記事

メルマガ

最新記事

おすすめ記事