1. HOME
  2. 業界ニュースTOP
  3. SOLIZE、3D Systemsの大型高速光造形3Dプリンター「SLA 750」販売と装置導入サポートを開始

SOLIZE、3D Systemsの大型高速光造形3Dプリンター「SLA 750」販売と装置導入サポートを開始

SLA 750

東京都千代田区に本社を構え、3Dプリンターの導入支援や3Dプリンターによる試作品・最終製品製作などを行うSOLIZE株式会社(以下、SOLIZE社)が、アメリカの3Dプリンターメーカー3D Systems社の「SLA 750」の販売および装置導入サポート、装置検討用のベンチマークの受付を開始した。
(画像は光造形3Dプリンター「SLA-750」/画像提供:3D Systems社)

SOLIZE社では3D Systems社の3Dプリンターを13台活用中

30年以上の3Dプリンター活用実績があるSOLIZE社は、40台以上のハイエンド3Dプリンターを保有している。この数は間違いなく国内最大級だ。SOLIZE社3D Systems社製の光造形方式3Dプリンターも13台保有している経験を活かし、SLA 750のスムーズな導入を支援していく。

「SLA-750」の特徴/出典:SOLIZE社
「SLA-750」の特徴/出典:SOLIZE社

2023年3月9日に行われたオンラインセミナーを皮切りに、今後もオンラインセミナーやデモンストレーションも積極的に実施していくとみられる。

造形速度の速さに大きな特徴があるSLA 750。3D Systems社の従来機のProX800と比較し、ワークサイズが1.15倍に拡大されただけでなく、造形再現性の向上高機能材料のAccura AMXシリーズが使用できる
3D Sprint®の使用によりソフト側の生産性が向上することで、生産性が向上

の詳細情報はお探しのかたは以下のShareLabカタログ検索ページとSLA 750の製品発表に関する記事をご覧いただきたい。

>>ShareLab カタログ検索「SLA 750/750 Dual 製品カタログ」

3D Systems社の関連記事

大手3Dプリンターメーカーである3D Systems社は、業界においても活発な動きが見られる企業の1つだ。これまでShareLab NEWSが取り上げたニュースのうち、今回の記事に関連が深いものを3つに絞って紹介する。

国内外の3DプリンターおよびAM(アディティブマニュファクチャリング)に関するニュースや最新事例などの情報発信を行っている日本最大級のバーティカルメディアの編集部。

資料ダウンロード 3Dプリンティング国内最新動向レポート

サイト内検索

関連記事

メルマガ

最新記事

おすすめ記事