1. HOME
  2. 業界ニュースTOP
  3. 世界初の3Dプリント金属製ゴルフアイアンが登場 ― Cobra Golf

世界初の3Dプリント金属製ゴルフアイアンが登場 ― Cobra Golf

世界初の3Dプリント金属製ゴルフアイアン「LIMIT3D」

Cobra Golfは、1973年に設立されたゴルフ用品メーカーであり、長年にわたり新しい技術を導入してきた。その最新の挑戦が、世界初の3Dプリント金属製ゴルフアイアン「LIMIT3D」の開発である。従来の鋳造や鍛造では実現できなかった複雑な内部構造を持ち、ゴルフクラブの性能を飛躍的に向上させることができる。Cobra GolfのVPであるマイク・ヤグリー氏は「このプロジェクトがゴルフ業界における大きなブレークスルーであり、プロからアマチュアまで幅広いプレイヤーに新たなプレイ体験を提供する」と述べている。(上部画像は世界初の3Dプリント金属製ゴルフアイアン「LIMIT3D」出典:Cobra Golf)

「LIMIT3D」の特徴

「LIMIT3D」は、3Dプリント技術を駆使して製造された世界初の金属製ゴルフアイアンであり、その特徴は多岐にわたる。まず、直接金属レーザー焼結(DMLS)技術を使用し、316Lステンレススチールを層状に積み重ねてクラブヘッドを形成、最適な強度と高い耐久性、耐食性を実現。また、内部にはnTopのエンジニアリングソフトウェアを使用してラティス構造を採用しており、クラブヘッドの重量を最適に配分することで、高い許容性を提供する。3Dプリント技術によって従来の製造方法では不可能だった複雑な設計が可能となり、プレイヤーのスイングに合わせた最適なクラブを提供することができる。さらに、DMLS技術の導入により製造時間を大幅に短縮し、開発コストを抑えつつ、より迅速なプロトタイピングと製品化が可能となっている。

世界初の3Dプリント金属製ゴルフアイアン「LIMIT3D」のイメージ画像
世界初の3Dプリント金属製ゴルフアイアン「LIMIT3D」のイメージ画像(出典:Cobra Golf)

性能とプレイ感

最大の特徴は、その性能とプレイ感にある。内部のラティス構造により、クラブヘッドの重量を最適に配分し、スイング時のバランスを向上させた。これにより、プレイヤーはより高い許容性を享受でき、ミスショットのリスクを低減することができる。また、重心位置を低く設定することで、ボールスピードの向上と正確なショットが実現可能となり、さらに、3Dプリント技術の導入により、設計の自由度が高まり、プレイヤーのニーズに合わせたカスタマイズが可能となっている。これにより、プロからアマチュアまで、幅広いプレイヤーが自分に最適なクラブを手に入れることができる。

ゴルフの関連記事

今回のニュースに関連するものとして、これまでShareLab NEWSが発表してきた記事の中から3つピックアップして紹介する。ぜひあわせてご覧いただきたい。

国内外の3DプリンターおよびAM(アディティブマニュファクチャリング)に関するニュースや最新事例などの情報発信を行っている日本最大級のバーティカルメディアの編集部。

資料ダウンロード 3Dプリンティング国内最新動向レポート

サイト内検索

関連記事


Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'render_load_icon_html_after_footer' not found or invalid function name in /home/xs520442/sharelab.jp/public_html/news/wp-includes/class-wp-hook.php on line 303