1. HOME
  2. 業界ニュースTOP
  3. イトーキが3Dプリンターで専用パーツを追加できるデスクを発売

イトーキが3Dプリンターで専用パーツを追加できるデスクを発売

「サリダPSデスク・ラック・ワゴン」の使用イメージ

オフィス家具メーカーの株式会社イトーキ(東京都中央区)が、2023年9月1日に、在宅ワークやホームオフィス向けの省スペース設計の家具「サリダPSデスク・ラック・ワゴン」の販売を開始した。商品は、デスク、ラック、ワゴンを自由に組み合わせて使用でき、さまざまなアクセサリーが付属する。

また、無償提供される3Dプリンター用データを出力することで「アドオンパーツ」として自分好みにカスタマイズした使用も可能だ。

価格はデスクが20,900円、ラックが13,900円、ワゴンが14,900円(すべて税込)。(上部画像は「サリダPSデスク・ラック・ワゴン」の使用イメージ。出典:イトーキ社)

デスクとラックに取り付け可能な「アドオンパーツ」

販売されるデスクとラックには、取り付け可能なアクセサリー「アドオンパーツ」として3Dプリンター用の出力データが無償提供される。3Dプリンターでアドオンパーツを造形すれば、自身の好みに合わせたカスタマイズが可能だ。3Dプリンター用データは長岡造形大学の森本准教授が設計したもので、イトーキ社のウェブサイトで公開されている。

「アドオンパーツ」の使用イメージ
「アドオンパーツ」の使用イメージ(出典:イトーキ社)

ユーザー自身で3Dプリンターを用いて造形する場合、同じデータをもとにしていても、3Dプリンターの造形方式や機種によって、完成品にはバラつきが生じる恐れがある。また、造形はできてもサポート材が取り外しにくい場所についてしまい、手作業での加工が必要になることもある。

それらの懸念点を可能限りクリアできるよう、提供されるアドオンパーツデータはすべてのパーツを横倒しの状態で出力できるように設計してあるなど、さまざまな工夫がなされている。

「アドオンパーツ」のプロトタイプ
「アドオンパーツ」のプロトタイプ(出典:イトーキ社)

環境負荷の低減や広がるユーザーニーズへの対応など、製品に求められる要素は増加し続けている。そのような中、パーツを1個単位で製作できる3Dプリンターなら、製造エネルギーや材料使用量の増加を避けつつ、ユーザーのニーズを満たすことができる。自身でデータ作成ができる人なら、新たなパーツを開発することで、自分に合わせて効率的な作業環境を構築することも可能だ。

金型なしで造形が可能な3Dプリンターは、その造形の自由さに特徴がある。製品そのものであらゆるニーズを満たそうとするのではなく、3Dプリンターで自分好みにカスタマイズをするのだ。

小型3Dプリンターの関連記事

今回のニュースに関連するものとして、これまでShareLab NEWSが発表してきた記事の中から3つピックアップして紹介する。ぜひあわせてご覧いただきたい。

国内外の3DプリンターおよびAM(アディティブマニュファクチャリング)に関するニュースや最新事例などの情報発信を行っている日本最大級のバーティカルメディアの編集部。

資料ダウンロード 3Dプリンティング国内最新動向レポート

サイト内検索

関連記事


Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'render_load_icon_html_after_footer' not found or invalid function name in /home/xs520442/sharelab.jp/public_html/news/wp-includes/class-wp-hook.php on line 303