1. HOME
  2. ブログ
  3. 過去1年で3000台以上!次は格安金属3Dプリンターに挑戦ーApple Tree 株式会社

過去1年で3000台以上!次は格安金属3Dプリンターに挑戦ーApple Tree 株式会社

Apple Tree社は大阪日本橋に本社をもつ3Dプリンター企画販売会社だ。中国の 3DプリンターメーカーFlashFordgeの日本総代理店として販売・サポートを行う一方、自社独自プリンターの企画製造販売も行っており、2012年10月に創業してから7年半の間で累計1万台以上の販売実績を誇る。その中でも直近1年の販売台数が3000台以上を占め、その多くがホビーユースではなく、ビジネスユースだという。TCT Japanでは驚きの廉価帯で金属3Dプリンター も販売開始するという楽しみなニュースもふくめ、代表の朴秀明氏にお話を伺った。

* * *

――Apple Treeさんの自己紹介をお願いします。

Apple Tree取扱い製品(提供Apple Tree)

Apple Treeは大阪の日本橋に本社をもつ3Dプリンターやレーザー加工機を販売する会社です。2012年10月からスタートして、7年半で1万台以上の3Dプリンターを販売してきました。

そのうち9割はフラッシュフォージという中国の3Dプリンターメーカーの製品です。 私たちは総代理店として、国内での販売、保守、サポートを行っています。その中では、やはり保守の有無が購入の是非につながってくると感じています。

フラッシュフォージは小型で値段も10万円台から40万円台と手ごろなデスクトップ型の3Dプリンターを中心に製造しています。一方で大きなものを作るニーズもありますので、アポロ、ジュピターというブランドを自社で企画した3Dプリンターをラインナップに加えることで対応しています。 ジュピターの一番大きな機種では、幅800㎜×高さ1200㎜の大きなものを造形できる上に、価格を500万円台でご提供しています。大型の3Dプリンターは2000万円を超えるものがあるので、導入しやすい価格帯だ、というご評価をいただいています。

――手ごろな価格帯ですね。サポートはありますか?

はい。当方で販売している3Dプリンターはすべて私たちがサポート対応をしています。ここ数年の進歩で、性能面でもデザインでも優れた製品を50万円以下の価格帯で購入できるようになってきました。価格は重要な要素です。しかし同じように重要なのが、保証・サポートだ、というお声が多いです。国内でサポートをきちんと行っている事もあり、大学、高専をはじめ、多くの教育機関にも採用されています。

――購入される方はどのような経路で購入されるのでしょうか?

大阪の日本橋と東京にもショールームがありますので、店舗にきて購入される方も多いです。大学の先生が学生をつれてきて、機種を選んだり、という事もあります。サポートもできる販売店は少ないので、私たちはウェブサイトでの直販を通じて、販売を伸ばしてきました。

――今回のTCT Japanでの見どころを教えてください。

今回はTCT Japanに合わせて新製品を発売します。金属材料も造形できる3Dプリンターですが、価格は10万円台で抑えました。

――金属3Dプリンターなのに10万円台!どのようなプリンターなのでしょうか?

廉価帯だが金属を含む樹脂フィラメントを造形できる3Dプリンター 「Adventurer3X」

金属を含むフィラメントを3Dプリンターで造形したあと、フィラメントの油分を脱脂し、その後、焼結して焼き上げるという3プロセスに分かれているタイプの金属3Dプリンターです。本来は造形する3Dプリンター、脱脂する専用機械、焼結する専用機械を3つそろえる必要があるのですが、それではコストを劇的にさげることができません。そこで造形する3Dプリンターのみを販売して、購入いただいた方々のつくったものを弊社がお預かりして、脱脂と焼結を行うサービスを始めることにしました。

造形後の出力サンプル。焼結前は樹脂の質感を残している。(提供:Apple Tree)

――脱脂と焼結のみをサービスとして提供するということですね。リードタイムはどのくらいありますか?

海外のパートナーに脱脂と焼結を依頼しますので、輸送時間も含め、3週間程度と見込んでいます。リードタイムは発生しますが、金属3Dプリンターの初期費用を大幅に抑えて導入できると思います。私の知る限りこうしたサービス提供の仕方はまだ日本にないと思います。

上段:造形後脱脂したもの、下段:その後焼結したもの。(提供:Apple Tree)

――本体価格を落とすための思い切った取り組みですね、非常に面白いです。

焼結するとすっかり金属に仕上がる。(提供:Apple Tree)

今回のTCT Japanにあわせて、説明資料や紹介サイトを鋭意制作中です。直前にプレスリリースでもご案内する予定でしたが、今回は一足先にシェアラボさんにご紹介してしまいました。是非会場で実際の3Dプリンターを見てほしいです。

脱脂装置と焼結炉の販売予定はないとのこと(提供:Apple Tree)

* * *

金属3Dプリンターは導入したいが、コストが樹脂3Dプリンターにくらべて高いので、二の足を踏んでいる企業は多いだろう。リードタイムの長さは気になるが、破壊的なコストダウンを実現した「造形のみおこなう装置」の社内導入と脱脂・焼結のサービスビューロへの委託というスキームは今後の金属3Dプリンターにおけるトレンドになるかもしれない。TCT Japan2020の会場でもぜひチェックしておきたい。

関連リンク

関連記事