1. HOME
  2. 業界ニュースTOP
  3. 株式会社JMC、2023年第2四半期決算を発表

株式会社JMC、2023年第2四半期決算を発表

2023年12月期 第2四半期決算説明会資料

3Dプリンター事業や鋳造事業、CT事業などを行う株式会社JMC(横浜市港北区)が、2023年の第2四半期決算を2023年8月24日に発表した。

全体的に大幅な増収・増益となり、3Dプリンター事業は自社プロダクト「HEARTROID(ハートロイド)」の増加、アフターコロナによる出力サービスの回復により、売上高は前年同四半期比でプラス41.7%で3億3,600万円、利益はプラス168.5%で8,500万円だった。(上部画像は2023年12月期 第2四半期決算説明会資料 出典:JMC株式会社)

JMC社の3Dプリンター事業

JMC社の3Dプリンター事業には2つの部門がある。1つ目が、試作品や模型の製作を行う3Dプリント出力造形部門。2つ目が、心臓をはじめとしたカテーテル検査や、治療に携わるトレーニングシステムとして自社開発された「HEARTROID」である。

「HEARTROID」は心臓カテーテル治療・検査のさまざまな症例に合わせて心臓モデルやポンプ、タンクなどをカスタムしたパッケージで提供されており、要望に合わせたカスタマイズも可能だ。光造形方式の3Dプリンターで作製した樹脂モデルを母型に、他の機能材料に形状を転写する3次元モールドと呼ばれる技術を用い製作されている。

ハートロイドの一種「PCIモデル」/出典:株式会社JMC
「HEARTROID」の一種「PCIモデル」(出典:株式会社JMC)

アフターコロナにより世界各地での展示会や医療学会が再開され、「HEARTROID」は6か月間で9か所での展示とデモンストレーションが実施された。国内需要も想定よりも好調だという。

出力造形部門も、展示会やイベントの復活、試作や開発の活性化により、業績を伸ばしている。

今後は量産体制の拡張に注力すると発表された。すでに、3D Systems社の3Dプリンター「Figure4」の導入や、株式会社ケイズデザインラボ(東京都千代田区)と企業連携を組み、3Dプリンターによる小ロット生産を普及推進するプラットフォーム事業「デジタル製造プログラム」のスタートも発表されている。

決算の関連記事

今回のニュースに関連するものとして、これまでShareLab NEWSが発表してきた記事の中から3つピックアップして紹介する。ぜひあわせてご覧いただきたい。

国内外の3DプリンターおよびAM(アディティブマニュファクチャリング)に関するニュースや最新事例などの情報発信を行っている日本最大級のバーティカルメディアの編集部。

資料ダウンロード 3Dプリンティング国内最新動向レポート

サイト内検索

関連記事


Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'render_load_icon_html_after_footer' not found or invalid function name in /home/xs520442/sharelab.jp/public_html/news/wp-includes/class-wp-hook.php on line 303