1. HOME
  2. 業界ニュースTOP
  3. Nano DimensionがAdditive Flowの買収を発表

Nano DimensionがAdditive Flowの買収を発表

Nano Dimensionのニュースリリース

2023年8月14日に積層造形エレクトロニクスのサプライヤーであるNano Dimensionが英国のAM企業Additive Flowの技術と知的財産を買収すると発表した。(上部画像は同社ニュースリリース。出典:Nano Dimension)

Additive Flowは、さまざまな材料やプロセスにわたる機械的、熱的、熱機械的特性に加え、周波数や疲労を対象とした高性能かつ高品質のシミュレーションソフトウェアを開発している。

同社の製品は、コスト、重量、製造生産性、製造歩留まりを同時に最適化しながら、設計、製造、品質に関する意思決定に取り組んできた。

Additive Flowの顧客ベースは、高度な光学およびオプトエレクトロニクス、航空宇宙と防衛、半導体、先進エネルギー、エレクトロニクスと幅広い。AME分野で勢力を伸ばすNano Dimensionとのシナジーも期待できると言えるだろう。

Nano Dimensionによると、この買収はNano Dimensionの製品開発ロードマップにおける、マイルストーンの成功を示しているという。コンピュータ支援エンジニアリングおよび設計コンポーネントは、Nano Dimensionの設計から製造までの製品戦略の中核をなしている。積層造形の利点を活用するには、シミュレーションアルゴリズムと最適化機能が特に重要だ。Additive FlowのAIおよびGPU(グラフィックスプロセッシングユニット)で高速化されたソフトウェアは、Nano Dimensionの顧客が迅速かつコスト効率の高い方法でAME電子コンポーネントのプロトタイプレイアウトを複製、設計、および拡張できる能力を強化できる。Additive Flowのコア技術は、Nano Dimension独自の設計パッケージスイートであるFLIGHTに統合される予定だという。

Additive Flowの最高経営責任者兼最高技術責任者であるAlexander Pluke氏は「当社のソリューションは、高度な製造能力を活用するために直面​​した実際のエンジニアリング上の課題から生まれました。当社のプラットフォームは、デジタルエンジニアリングのすべての複雑なデータと意思決定を処理できるようにゼロから構築されているため、チームは主要な目標に集中できます。Nano Dimensionで私たちのイノベーションを最大限に活用できる素晴らしいパートナーを見つけることができて幸運です。これまでの素晴らしい実績を基に、Additive Flowのソフトウェア開発を継続し、Nano Dimensionの主要なAMおよびAME製品の提供を強化することを楽しみにしています。」とコメントを発表している。

Nano Dimensionの上級最高技術責任者であるNick Geddes氏は「私たちは、シミュレーションおよび最適化製品のソフトウェア市場にしばらく注目してきました。市場には、これらの複雑なタスクの特定の要素を実行する強力なソリューションが数多くありますが、特に AMEおよび複数の要件にまたがる要件のコンテキストにおいて、総合的なソリューションに必要な機能の点で傑出したのはAdditive Flowの製品です。立体ポリマー、金属、セラミックAM。この買収により、当社の顧客が当社の最先端のデジタル製造ソリューションを活用できるようになる可能性が大幅に高まります。」と買収に関して語っている。

買収の関連記事

今回のニュースに関連するものとして、これまでShareLab NEWSが発表してきた記事の中から3つピックアップして紹介する。ぜひあわせてご覧いただきたい。

国内外の3DプリンターおよびAM(アディティブマニュファクチャリング)に関するニュースや最新事例などの情報発信を行っている日本最大級のバーティカルメディアの編集部。

資料ダウンロード 3Dプリンティング国内最新動向レポート

サイト内検索

関連記事

メルマガ

最新記事

おすすめ記事