1. HOME
  2. 業界ニュースTOP
  3. SOLIZE、東京証券取引所スタンダード市場へ新規上場

SOLIZE、東京証券取引所スタンダード市場へ新規上場

SOLIZE社のウェブサイト

3Dプリンターによる試作や最終製品の製作などを行うSOLIZE株式会社(東京都千代田区)が、2023年12月25日付で、株式会社東京証券取引所から、スタンダード市場への新規上場が承認されたことを発表した。上場日は2024年2月7日を予定している。(上部画像はSOLIZE社のウェブサイト。出典:SOLIZE社)

日本で初めて3Dプリンターを導入

SOLIZE社は、日本で初めて3Dプリンターを導入し受託サービスを行った企業だ。これまで国内車載メーカーを中心に2,000社以上との取引を行い、年間で80,000パーツ以上を製造しているという。

3Dプリント関連サービスとしては、「3Dデータ作成」「3Dプリント試作品製作」「オンライン3Dプリント」「3Dプリンティング技術導入支援」などを行っている。

オンライン3Dプリントサービスでは、見積りから製造性の確認、発注完了までをオンラインで完結できる。

オンライン3Dプリントサービスの特徴
オンライン3Dプリントサービスの特徴(出典:SOLIZE社)

オンライン3Dプリントサービスについては、以下の記事でも詳しく取り上げているので、ご確認いただきたい。

SOLIZEの概要

【発行済み株式数】 600万株(2023年12月25日現在)

【従業員数・連結】 1,983名(2023年11月30日現在)

【業績・連結

 2022年12月期2021年12月期
売上高(百万円)17,82715,854
経常利益(百万円)711480
親会社株主に帰属する当期純利益(百万円)566292
1株当たり当期利益(円)118.0860.85
1株当たり純資産(円)2,150.862,013.77
配当(円)35.4218.25
注)2019年7月10日付けで、1株を120株に分割

【公開価格の決定方法】 ブック・ビルディング方式

【仮条件決定日】 2024年1月22日

【ブック・ビルディング期間】 2024年1月23日から2024年1月30日

【公開価格の決定日】 2024年1月30日

【申込期間】 2024年1月31日から2024年2月5日

SOLIZEの関連記事

今回のニュースに関連するものとして、これまでShareLab NEWSが発表してきた記事の中から2つピックアップして紹介する。ぜひあわせてご覧いただきたい。

国内外の3DプリンターおよびAM(アディティブマニュファクチャリング)に関するニュースや最新事例などの情報発信を行っている日本最大級のバーティカルメディアの編集部。

資料ダウンロード 3Dプリンティング国内最新動向レポート

サイト内検索

関連記事

樹脂3Dプリントウェビナート

最新記事

おすすめ記事