1. HOME
  2. 業界ニュースTOP
  3. 国内初!ナブテスコがISO/ASTM 52920に準拠した「AM製造サイト認証」を国内で初めて取得

国内初!ナブテスコがISO/ASTM 52920に準拠した「AM製造サイト認証」を国内で初めて取得

ナブテスコが認証取得

ナブテスコ株式会社は、積層造形技術(Additive Manufacturing)の量産品への適用に対する品質保証に関し、ISO/ASTM 52920に準拠した「AM製造サイト認証」を国内で初めて取得した。(上部画像はテュフズードジャパン株式会社 代表取締役社長Andrea Coscia氏(左) ナブテスコ株式会社 代表取締役社長 最高経営責任者(CEO)木村和正(右)。提供:ナブテスコ)

ナブテスコが国内では初めて取得したISO/ASTM 52920とは?

ISO/ASTM 52920は、AM製造の品質保証のため、AM製造サイトおよびAM製造プロセスに対する要求事項を定めた規格だ。AMは3次元CADデータを基に材料を積層することで対象物を製作する技術だ。従来の機械加工では製作できない複雑な形状に対応可能であり、完成品に近い形状での製造を実現できる。

ナブテスコは2003年に帝人製機株式会社と株式会社ナブコの統合により誕生した独創的なモーションコントロール技術で、生産現場の自動化や陸海空の安全・安心・快適な移動を支える機械コンポーネントメーカーだ。中大型産業用ロボットの関節用途向けの精密減速機では世界市場シェア約60% 、建物用自動ドアでは国内市場で約55%のシェアを有する。

さまざまな業界で最終品の開発や生産におけるAMの適用が拡大する中、ナブテスコは従前よりAMを活用した製造工程におけるプロセスイノベーションの研究開発を進めてきた。 ISO/ASTM 52920の認証の取得により、航空機器や鉄道車両用機器をはじめとした、ナブテスコ製品の量産にAMを幅広く適用することが可能となる。AM工法の場合、量産品に求められる品質保証はプロセス保証となる。「この工程では、この装置、この材料、この作業手順で製造を行う」といった形で製造する。製品別にプロセスを作りこみ、そのプロセスが正しく行われているかを記録し管理していくことで、製品の品質を保証する。ただ、発注者側に知識が不足していると、この保証内容や方法が適切かどうかを判断することが難しい。

ISO/ASTM 52920の認証の取得は、プロセス保証を支える管理体制がきちんと機能しているかを監第三者機関が検査し、認証を得たことを意味する。作りこまれた工程で、手順通り正しく製造していることを第三者機関から認定されることで、発注者側の監査負担は大きく軽減できる。

こうした手続きを経て初めて実際の部品調達の発注が動き始めるため、ISO/ASTM 52920の認証の取得は、石橋をたたいて渡る日本の発注者側企業が抱える品質保証部門の、高い壁を乗り越えるきっかけとして期待できる。

今後は、ナブテスコとしてAMの特徴を活かし、加工時間の短縮や材料使用量の無駄を減らすことで、CO2削減に加え、クライアントに対する供給リードタイムの短縮や製品の軽量化および品質向上など、より高い付加価値の提供を目指すとしている。

関連記事

編集/記者

2019年のシェアラボニュース創刊以来、国内AM関係者200名以上にインタビューを実施。3Dプリンティング技術と共に日本の製造業が変わる瞬間をお伝えしていきます。

資料ダウンロード 3Dプリンティング国内最新動向レポート

サイト内検索

関連記事


Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'render_load_icon_html_after_footer' not found or invalid function name in /home/xs520442/sharelab.jp/public_html/news/wp-includes/class-wp-hook.php on line 303