1. HOME
  2. ブログ
  3. ExtraBold社、約3,6億円の資金調達を実施-大型3Dプリンター量産化・3Dプリントヘッドの開発加速へ

ExtraBold社、約3,6億円の資金調達を実施-大型3Dプリンター量産化・3Dプリントヘッドの開発加速へ

株式会社ExtraBold(以下、ExtraBold社)が約3.6億円の資金調達を実施。マテリアルリサイクル可能な超大型高速3Dプリンターの量産化や独自の新型3Dプリントヘッドの開発を加速させることを発表した。

今回はExtraBold社が実施した資金調達の目的や、ExtraBold社の革新的な3Dプリンターの実績についてご紹介する。

ExtraBold社とはー大型3Dプリンターでの樹脂ペレット使用

ExtraBold社は、高速造形可能な大型3Dプリンターにより一般的な樹脂ペレットを使用した低コストでの大型造形を可能とし、これまでの製造業を革新するスタートアップ企業である。

一般的な従来の3Dプリンター(熱溶解押出方式)の課題は以下の3つである。

  • 造形時間が長い
  • 造形サイズが小さい
  • 3Dプリンター専用材料(フィラメント)が必要

これらの課題が壁となり、造形物が限定的かつ時間や材料コストの面から十分な社会実装が進んでこなかった。

その点に着目したExtraBold社は、超高速で大容量の造形が可能な独自の3Dプリントヘッドを開発。2020年5月に発表された最新機種では、1時間あたり15Kgの樹脂吐出と最大1700×1300×1020mmの大型かつ高速な造形を実現している。また、フィラメントを用いずに一般的な多様の樹脂ペレットを使用できるため、低コスト化やリサイクル材の活用が可能だ。

すでに帆船型ドローンを開発するものづくりスタートアップなどのプロトタイプや実製品への活用をスタートしており、大幅な製造工数の短縮や低コスト化に貢献している。

独自の3Dプリントヘッド:ExtraBold社より引用

ExtraBold社 最新記事一覧

大型3Dプリンター量産化及び販売拡大に向けた資金調達を実施

ExtraBold社は、シンガポールの大学や研究機関との共同研究で、更なる樹脂吐出量の増大や安定的な造形を実現する全く新しい3Dプリントヘッドを共同開発している。今回、以下の6社から約3.6億円の資金調達を実施し、新規3Dプリントヘッドの開発を完了するとともに、大型3Dプリンター最新機種の量産化および販売拡大を目指している。

資金調達引受先

引受先からのコメント一部抜粋

消費者やニーズがますます多様になる現代社会では、これまでの単品種・大量生産から多品種・中小量生産が求められており、3Dプリンターはそれを実現するための重要な技術です。一方で、従来の樹脂3Dプリンターではニーズに応える十分な生産性を実現できていません。エクストラボールド社の大型3Dプリンターや独自のプリントヘッドにより、多様なものづくりの課題を解決し、製造業をアップデートすべく全力で支援してまいります。

リアルテックファンド グロースマネージャー 山家創氏

ExtraBold社の3Dプリンターは、リサイクル可能な素材を活用でき、廃棄プラスティックを最小限にできます。従来の樹脂3Dプリンターの抱える環境的課題を解決する技術は、サステナブルなものづくりに大きく寄与すると期待しております。また大型かつ高速な造形が可能なため、従来は難しかった少量多品種生産を効率化し、現代の多様化するニーズに対応したビジネス展開が可能です。我々は、「地球を耕す」という理念のもと、地球規模の課題解決を目指しており、同社のものづくりのあり方を変える革新的な技術を支援し、ものづくりの進化に貢献して参ります。

小橋工業株式会社 代表取締役社長小橋正次郎氏

試作・製品リードタイムの短縮化はニーズが高まっており、同社独自開発の3Dプリンターはそれらを解決すると期待しています。また、造形用材料の研究により、医療など他領域への展開可能性も十分にあると考えます。弊社運営のCOG入居企業同士の協業も含め、全力で支援をして参ります。

株式会社グローカリンク 取締役森田和哉氏

関連情報

シェアラボ編集部 | + posts

3Dプリンターの繊細で創造性豊かなところに惹かれます。そんな3Dプリンターの可能性や魅力を少しでも多くの人に伝えられるような執筆を心がけています。

関連記事