1. HOME
  2. 業界ニュースTOP
  3. 3Dプリントの最新市場動向と技術革新報告 ― 独AMPOWER

3Dプリントの最新市場動向と技術革新報告 ― 独AMPOWER

「AMPOWER」のウェブサイト。

独AM調査会社AMPOWERが、3Dプリント技術と市場の最新動向に関する包括的なレポートを発表した。このレポートでは、金属および高性能ポリマーを中心に、各種材料の市場拡大の可能性や技術の成熟度について詳細に分析している。また、産業別の利用状況や地域ごとの市場特性も明らかにされており、3Dプリント技術の未来を形作る重要な情報源となる。(上部画像は「AMPOWER」のウェブサイト。出典:AMPOWER)

AMPOWERとは

AMPOWERは、3Dプリント業界において戦略的なコンサルティングと市場調査を提供する企業だ。2017年にドイツ・ハンブルクで設立され、世界中で活動を展開。特に樹脂材料、金属材料のAM加工に特化した最新の市場動向、技術革新、そして未来予測のデータを提供している。投資家やスタートアップ、技術供給者、そして技術使用者への幅広いサービスを通じて、3Dプリント技術の導入と効果的な活用を支援し、その実践的な応用に必要な洞察と知識の橋渡しを行っている同社だが、無料ダウンロードできる資料でもかなり読みごたえがある情報を開示しており、他の調査会社に比べて積極的な姿勢が特徴だ。

AMPOWERの市場動向レポートの概要

AMPOWERのレポートは、金属および高性能ポリマーを中心とした市場分析に重点を置いており、各材料の技術的成熟度と市場の成長潜在性を詳細に評価している。データ収集は、300名以上の国際的な業界専門家へのインタビューに基づいて行われ、33,000点以上のデータポイントが集められたという。これにより、レポートは業界のリアルタイムな情勢を反映したものとなっている。さらに、セカンダリリサーチも併用し、過去15年間の市場と技術の研究を補完している。

additive manufacturing report 2024
additive manufacturing report 2024(出典:AMPOWER)

AM技術の進展 ― 加工精度向上・材料・自動化

3Dプリント技術は、近年目覚ましい進展を遂げている。特に金属や高性能ポリマーを使用した加工技術が、産業界での応用範囲を広げている。最新レポートによると、レーザーベースの粉末床融合(PBF)技術や、指向性エネルギー堆積(DED)技術がさらに進化し、精度と効率が向上していることが明らかにされた。また、複合材料やバイオマテリアルを使用した技術も新たな段階に入っており、カスタマイズされた製品の生産に不可欠である。さらに、AIと統合された3Dプリントプロセスが開発され、製造過程での自動最適化が可能になっている。

3Dプリント技術の市場動向 材料別、地域別の分析

3Dプリント技術の市場動向は、材料別、地域別に異なる特徴を示している。AMPOWERの分析によると、金属材料、特にアルミニウム合金やチタン合金の使用が増加しており、航空宇宙や自動車産業での需要が高まっている。ポリマー材料では、PEEKやPA12などの高性能プラスチックが医療分野で注目を集め、地域別に見ると北アメリカとヨーロッパが3Dプリント技術の主要市場であり続けており、これらの地域では技術革新と製造業のニーズが市場の成長を牽引している。アジア太平洋地域でも、中国や日本が技術の発展と産業応用で迅速に成長しており、特にカスタマイズされた製品の需要増加に伴い、地域市場が拡大している。

自動車産業から医療産業まで

3Dプリント技術は、自動車産業から医療産業に至るまで、幅広い産業でその利用が進んでいる。自動車産業では、プロトタイピングだけでなく、生産用ツールや最終部品の製造にも活用されていて、特に複雑な形状や軽量化が要求される部品において、その利点が認識されている。一方、医療産業では、カスタマイズされたインプラントや外科用器具、さらには生体適合性のある素材を使用した患者特有の治療器具の製造に3Dプリント技術が利用される。これにより患者に最適化された治療が可能となり、回復時間の短縮や手術の成功率の向上が期待されている。また、航空宇宙産業では、その高い設計自由度と材料の節約が求められる環境で3Dプリントが重要な役割を果たしている。

3Dプリントの市場と技術の展望

3Dプリント技術の市場と技術の展望は非常に明るく、技術の進化とともに、さまざまな産業での採用が進み、市場は拡大を続けている。金属、ポリマー、セラミックスなど、多様な材料が使用されるようになり、それに伴い、医療、自動車、航空宇宙、建築など、多岐にわたる産業での応用例が増加。また、デジタル化と製造業の融合が進む中、3Dプリントはカスタマイズと短納期を可能にする重要な技術として位置づけられている。さらに、持続可能な製造プロセスとしての利点も評価され、環境負荷の低減に貢献する技術としても期待されている。

3Dプリントの市場規模などの関連記事

今回のニュースに関連するものとして、これまでShareLab NEWSが発表してきた記事の中から3つピックアップして紹介する。ぜひあわせてご覧いただきたい。

国内外の3DプリンターおよびAM(アディティブマニュファクチャリング)に関するニュースや最新事例などの情報発信を行っている日本最大級のバーティカルメディアの編集部。

資料ダウンロード 3Dプリンティング国内最新動向レポート

サイト内検索

関連記事


Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'render_load_icon_html_after_footer' not found or invalid function name in /home/xs520442/sharelab.jp/public_html/news/wp-includes/class-wp-hook.php on line 303