1. HOME
  2. ブログ
  3. オンライン展示会Formnext Connect、年内継続公開中!―HP、BASFなどアーカイブ動画あり

オンライン展示会Formnext Connect、年内継続公開中!―HP、BASFなどアーカイブ動画あり

完全オンライン形式のアディティブ・マニュファクチャリング関連展示会、「Formnext Connect」は、11月10日から13日までの四日間開催され、盛況のうちに終了した。以前よりその魅力をお届けしてきたが、今回は会期後も継続的に2020年内まで公開されているアーカイブコンテンツの一部の紹介と合わせて、今回初めてオンライン開催となった同展示会Webサイト機能の使い方をお届けする。
(写真は、FormnextConnect公式Webサイトより引用)

盛況であったFormnext Connectの振り返り

約2,200人の代表者を含む203の出展者によって、1,412の製品がオンライン上で展示された2020年のFormnext Connect。100か国以上からユーザーが参加し、8,541人の参加者が、Formnext Connectのマッチング機能を活用し、製品や他の参加者に対し450,000以上のアプローチが行われた。ステージイベントやセッションなど、約220のセミナーとプレゼンテーションは、約45,000人に見られ、オンライン展示会として成功を収めた。

 

Now that`s a wrap! #FormnextConnect attracted 203 exhibitors with about 2200 representatives, and showcased 1412…

Formnextさんの投稿 2020年11月12日木曜日

当日はさまざまな出展者と技術専門家の間でディスカッションパネルが開かれ、自動車、航空宇宙、建設、機械工学、医学など実例を交えてインタビューが行われた。自動車用途については、Martin Bock氏(アウディ)、Martin Goede氏(フォルクスワーゲン)、Martin Hillebrecht氏(EDAG)、Carsten Merklein氏(シェフラー)、Markus Schnell氏(コンチネンタル)など名だたる関係者によるプレゼンテーションが展開された。

FormnextConnectの様子(FormnextConnect公式Webサイトより引用)

Formnext Connectは終了したが、当日配信された動画はアーカイブされ、2020年12月31日まで引き続きアクセス可能である。講演者とのチャットも引き続き可能であり、AM技術を通して世界中の人々と交流する機会が提供されている。なお、Formnext 2021については、2021年11月16日~19日フランクフルトで開催予定であるとのこと。

Formnext Connectのアーカイブコンテンツの活用方法

アーカイブ動画の見方

Formnext Connectのチケットを入手後、ログインすると、以下のような画面が表示される。左のバーのEVENT AGENDAをクリックすると、イベント一覧が表示され、開催日、イベントごとに絞り込みが可能だ。アーカイブ動画はこのイベント一覧から閲覧することが可能だ。

Formnext Connectトップページ

EVENT AGENDAページ上、赤い「Watch Recording」と書かれている、セミナー・プレゼンテーションが開催後も閲覧することができる。閲覧したいセミナー・プレゼンテーションのタイトルをクリックするとその詳細が表示される

Formnext Connect Event Agnedaページ(Formnext サイトより引用)

Event詳細ページに移動すると、下の画像のような画面が表示される。上部の「Add to schedule」をクリックすると、アーカイブ動画が上部エリアに表示され閲覧することができる。

Formnext Connect Event詳細ページ(Formnext サイトより引用)

アーカイブ動画紹介

3Dプリンティング初心者向け講演会 | Aachen Center for Additive Manufacturing

宇宙、製薬、エネルギーなど事業分野ごとのAM業界の今日および成長性、企業ごとの実際の事例紹介などAMについてぼんやりとしたイメージをお持ちの方に見ていただきたいコンテンツが多く発信されている。またAMの将来予想に関する情報も発信されており、造形面積やコストカットのパートは同技術の大きな可能性を感じさせる。(スピーカー言語は、英語)

素材開発で進む応用分野、ポリプロピレンと熱可塑性ポリウレタン | HP, BASF, OECHSLER

戦略的提携を結んでいるHP社、BASF社、およびドイツに本社を置き、プラスティック産業の世界的メーカーであるOECHSLER社による講演では、実際の事例を交えながら、3Dプリンティング材料としてのポリプロピレンと熱可塑性ポリウレタンの特徴を学ぶことができる。一材料に特化した専門的な講演である。(スピーカー言語は、英語)

デジタルワークフロー | HP, Dyndrite, SLM Solutions

同じくHP社のソフトウェア・データ部門のグローバルヘッド、Ryan Palmer氏、ソフトウェアメーカーDyndrite社CEO、Harshil Goel氏、3DプリンターメーカーSLM Solutions、ゼネラルマネージャーJill Christner氏による講演。三社による技術提携、その目的、今後の方針などを、実例を交えながらざっくばらんな会話形式で発信している。(スピーカー言語は、英語)

関連情報

シェアラボ編集部 | + posts

3Dプリンタ―の”先進っぽさ”を感じさせる作りに男心をくすぐられる毎日。さまざまな業界にて活用されるアディティブ・マニュファクチャリングの今をお届けします!最近のニュースは、鳥を飼い始めたこと。

関連記事