1. HOME
  2. ブログ
  3. StratasysがXaar PLC社の全株式を取得

StratasysがXaar PLC社の全株式を取得

産業用3Dプリンターメーカー Stratasys(以下、ストラタシス社)は、インクジェットプリントヘッド開発メーカーの Xaar PLC社 の子会社である英国のXaar 3D社の全株式を取得し、ストラタシス社の量産規模の3Dプリンティング分野における成長をさらに加速すると発表。ストラタシス社はこれまで、Xaar 3D社の株式の45%を保有していた。

2021年4月に新3Dプリンター「H350」を発表

ストラタシス社の3Dプリンター「H350」

ストラタシス社は2021年4月にはXaar 3D社の「SAFテクノロジー」が採用された初の3Dプリンター「H350」を発表している。SAFテクノロジーは、最終パーツの生産性を向上させる技術で、これにより量産レベルでコスト競争力の高いパーツが提供できるようになる見込みだ。H350は発表以来、ストラタシス社の子会社であるStratasys Direct Manufacturing社をはじめヨーロッパやアメリカのさまざまな箇所で導入が始まっている。年末までにはさらに採用が広がると期待されている。

SAFテクノロジーの詳細については当サイトでも以前詳しく記事にしているので参照してほしい。

ストラタシス、量産ニーズ対応のため3Dプリンティング向けSAFテクノロジーの提供を発表

ストラタシス社の最高経営責任者(CEO)のYoav Zeif博士は、今回の株式取得について以下のように述べている。

3Dプリンティングにより世界のさまざまな産業のトランスフォーメーションが続くなかで、当社は量産規模のポリマー3Dプリンティングを提供するリーディング・カンパニーとなることを目指しています。H350 3DプリンターとSAFテクノロジーはこのミッションの中核であり、これにより、商業用品、自動車、消費財、家電などの産業のお客様のニーズに対応する強力なプラットフォームが実現します。お客様からはSAFテクノロジーが量産時においても安定した性能を発揮することでビジネスの成長を可能にしており、競争上の大きな優位性につながっているとの声をいただいています。Xaar 3D社の優秀なイノベータ・チームをストラタシス社のファミリーに迎えることを嬉しく思います。

株式取得後のXaar 3Dチームはストラタシス社に加わり、「H Series」のプラットフォームと「SAFテクノロジー」の開発を継続する。

Xaar 3D社のゼネラル・マネージャーであるRonen Cohen氏は次のように述べている。

既存のパウダーベッド・テクノロジーの飛躍的進化を可能にするために、私たちはXaar 3D社を設立しました。その進化を実現しているのがSAFテクノロジーです。私たちはお客様が必要とする生産管理を提供しながら、より安定した信頼性の高いパーツの実現のための温度管理を大幅に向上することができました。ストラタシス社の一員としてH Series 3Dプリンターの迅速な開発を引き続き推進するとともに、ストラタシス社のグローバルな製品開発インフラと優れたカスタマー・リレーションを活用してより多くのお客様がSAFテクノロジーが採用された3Dプリントのメリットを得られるようにしていきます。

Stratasys社における活発な動き

近年のストラタシス社には非常に活発な動きが見られる。

ストラタシス社の子会社でオンデマンド3Dプリンティングサービスを提供しているStratasys Direct Manufacturings社は、医療業界向けサービスを拡大し、解剖モデルの作製およびコンサルティングサービスを提供すると発表した。

Stratasys Direct Manufacturings社は、アメリカのミネソタ州エデンプレーリーに開設したヘルスケアプリントセンターで、骨、血管系、臓器組織を精巧に模倣したモデルを作成できる3Dプリンター「J750 Digital Anatomy」を使用した3Dプリントサービスを提供する。

J750 Digital Anatomyには、3種類の独自デジタル素材に加え豊富な身体構造ライブラリーが付属しているため、本物と同じような感触や動きの生体力学的モデルを作成でき、機器テストや医療トレーニング、手術に向けた準備などさまざまな用途で、リスクなく臨床状況を正確にシミュレーションすることができる。例えば死体や動物が対応できない病状を再現することも可能だ。

Stratasys Direct Manufacturings社は、一流の医療機器メーカー向けの招待制のベータサービスを開始し、運用の最初の13週間ですでに1,000を超えるモデルを3Dプリントしている。同社は、これらのベータ版の顧客と協力して、製品のデモンストレーション、医師の外科トレーニングイベント、および社内の製品開発活動のための解剖学的モデルを作成している。

+ posts

国内外の3DプリンターおよびAM(アディティブマニュファクチャリング)に関する情報発信を行っている日本最大級のバーティカルメディアの編集部。

関連記事