1. HOME
  2. ブログ
  3. Formlabsが高精度の大型3D プリンター「Form 3L」の国内販売を開始

Formlabsが高精度の大型3D プリンター「Form 3L」の国内販売を開始

Formlabs株式会社(以下、Formlabs)は、2020年8月31日、従来の光造形(SLA)方式とは異なる新たな造形方式「LFS(Low Force Stereolithography)」を採用したプロフェッショナル向け3Dプリンタ「Form 3」の5倍以上の造形サイズを誇る新製品「Form 3L」の国内販売開始を発表した。
(写真:Form 3L Formlabs公式サイトより引用)

Form 3Lの進化のポイント

大きな造形範囲と高精細な3Dプリントがスピーディーに

デスクトップ型としてx145×y145×z185mmの大型造形範囲を実現し、より大型の試作品や製品を造形できるだけでなく、製品の樹脂型を造形することによる、最終製品の製造にも活用が可能となった。
マシンの心臓部であるLPUは、独自のガルバノメーターやレンズによって誘導された250mWの鮮明でクリーンなレーザースポットにより穴、エンボス加工など非常に微細で超高精細を表現が可能にし、ムラのない安定した造形が行える。

Form 3Lはレーザーコンポーネントを2基搭載し、大型造形もスピーディーに造形が可能になった。また、Form 3Lは、レジンカートリッジを2つ同時に装填できるため、大きな造形も中断せず24時間印刷ができる。

Form 3Lにて出力した高精度の3D印刷物
Form 3Lにて出力した高精度の3D印刷物(引用:Formlabs公式サイトより)

また、操作はタッチスクリーンインターフェースで、自動印刷設定など専門的知識がなくても直感的な操作が可能。

Form 3Lのタッチスクリーン(引用:Formlabs公式サイトより)

 技術仕様について

Form 3Form 3Lの比較表

製品名Form 3Form 3L
テクノロジーLow Force Stereolighography(LFS)TMLow Force Stereolighography(LFS)TM
レーザー解像度25ミクロン25ミクロン
レーザー焦点サイズ85ミクロン85ミクロン
レーザー出力250mW x 1250mW x 2
レジン充填方式自動充填自動充填
カートリッジ装填可能数1本2本
サポート構造自動生成 / ライトタッチサポート自動生成 / ライトタッチサポート

 Form 3Lの販売価格(税別)は1,806,000円で、国内正規販売代理店を通じて販売される。出荷予定は、2020年第4四半期(10~12月)からとなる。大型パーツの造形を必要とする製造業などでの利用を想定している。

Form3およびForm3Lの紹介(Formlabs公式サイト)

関連情報

関連記事