1. HOME
  2. ブログ
  3. イグアスが消毒液用タッチレスツールを独自開発-コロナ感染対策

イグアスが消毒液用タッチレスツールを独自開発-コロナ感染対策

今回、ShareLab編集部はイグアス株式会社(以下、イグアス)の消毒液用タッチレスツールをご紹介させていただく。イグアスと言えば、以前新型コロナウイルス対策として、3Dプリンターで造形したマスクを発表しており、ShareLab編集部でも取り上げているので、それに続く新型コロナ感染拡大防止に役立つツールの発表だ。一体、どのような製品なのだろうか。

* * *

手首や腕でプッシュが可能なデザインが感染防止に繋がる

消毒液用タッチレスツール

今回、イグアスが開発したのは、アルコール消毒液のタッチレスツールだ。同製品をアルコール消毒液に装着することにより、不特定多数の使用が想定される場所でも、手首や腕などでプッシュすることで、容器に直接手指を触れることなく安心して消毒が可能になる。また写真をご覧いただくとわかるように、同製品はプッシュ面が広くデザインされており、安定して手首や腕でプッシュ出来るようになっている。

市販されている大半のポンプノズルに装着可能な汎用性の高い仕様となっており、より広い使用を促すために設計データも無償で公開されているので、是非ご覧頂きたい。

同製品は、同社が販売する3Dプリンターで作成されたそうだ。イグアスでは「社内に設置されている消毒液も多くの社員や来訪者が使用しているため、接触感染のリスク低減の必要があるのでは…」という社員の気付きから、今回の開発に至ったということだ。

消毒液用タッチレスツールの概観(写真は、イグアス株式会社Webサイトより引用)
タッチレスツールをポンプノズルに直接はめ込む(写真は、イグアス株式会社Webサイトより引用)
装着済のタッチレスツール(写真は、イグアス株式会社Webサイトより引用)
腕や手首でプッシュすることで、手で直接触れずに利用が可能になる(写真は、イグアス株式会社Webサイトより引用)

株式会社イグアスの概要

神奈川県川崎市を拠点に2008年に設立され、ITディストリビューション事業を中心に、サプライ事業、3D事業、MOTTA事業(リサイクルバッテリー)、ヘルスケア事業を展開している。3D事業では、3Dプリンターのディストリビューション販売を中心に、全国各地の販売パートナー企業と連携し、顧客のニーズに合わせた3Dプリンター販売を実施している。
また、川崎市内には、3Dプリンターに特化したエンジニアが在籍し、ショールーム・自社検証・教育3つの機能を兼ね備えたIGUAZU Solution Center(ISC)を設け、実機見学や導入前のデモンストレーションなどを展開している。

IGUAZU Solution Center(ISC)(写真は、イグアス株式会社Webサイトより引用)

関連情報

関連記事